ロボット教室とは

Evernote Camera Roll 20161105 151324 (3)

ロボット教室は子どもたちに驚きと感動を提供します。

「ロボットを作る」

そこには、ワクワクする期待感があります。

好奇心の芽を、育て、花開かせていくために、

毎回自分の手でロボット作りにチャレンジ。

このチャレンジを通じて、作り上げていく喜びを感じ、

予想とは違う動き方に驚き、組み立てるための工夫を発見するでしょう。

自ら手を動かし、夢中になって頭をはたらかせる。

その繰り返しが、理科や科学に対する興味を膨らませながら、

様々なチカラを伸ばしていきます。

 

「ロボット教室」のプログラム内容

ロボットクリエーターの第一人者、高橋智隆先生が開発したロボットを

「作り」「動かし」ながら、“試行錯誤”を経験します。

 

ロボット教室の授業は2回で1セット。

1回目の授業でテキスト通りにロボットを作り、

2回目の授業では改良に取り組みます。

組み立てるロボットはすべてオリジナル。

 

教材を開発しているのは、

世界初の対話できる宇宙飛行士ロボット「キロボ」を開発し、

ロボットクリエーターとして知られる高橋智隆先生。

子どもたちが楽しみながら取り組めるように、

デザインや動き方などに工夫を凝らしたロボットが次々と登場します。

 

ロボット教室アドバイザー高橋智隆先生とは

2003年京都大学工学部卒業。

代表作に「週刊ロビ」「エボルタ」「ロピット」「FT」など。

世界で初めてコミュニケーションロボット「キロボ」を宇宙に送り込むことに成功。

ロボカップ世界大会5年連続優勝。

米TIME誌「2004年の発明」、ポピュラー・サイエンス誌「未来を変える33人」に選定。

現在、(株)ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端研特任准教授。

 

高橋先生に聞く、ロボット教室の魅力

Q. どんなロボットを作るのですか?

私自身、子どもの頃から、いろいろな工作をして遊んできました

子どもたちにも工夫しながら作り上げる喜びを感じてもらえるよう、

車輪で動いたり足で歩いたり、面白い動きをする

バリエーション豊かなロボットのカリキュラムを用意しています。

Q. 子どもたちの能力に驚いたことは?

年1回開催される全国大会では、子どもたちが考えた素晴らしいロボットが集まり、

その独創的なアイデアに毎回感心させられます。

ぜひ一度、親子でこのブロックを手にとって見てください。

お子さんのほうがはるかに上手に作り上げていくことに、きっと驚かれることでしょう。

Q. 楽しく学ぶことの素晴らしさとは?

「楽しんでいるうちに自然に学んでいた」というのが教育の理想だと考えていますが、

残念ながら多くの勉強が、その逆、苦労の割に身についていないように感じます。

大好きなロボットを通じて学んでもらい、科学への興味・関心を育みたいと考えています。

 

「ロボット教室」のお申込、お問合せは…

長岡金房教室(長岡松陰塾 金房校)

体験授業のお申込はこちらから

電話:0120-948-514(ロボット教室専用)