Evernote Camera Roll 20161017 202513

冬休み特別講座(冬期講習)を受けるかどうか迷う前に

第1志望に合格している先輩たちの多くが、

高校1年生の冬から「大学合格」を意識して勉強を始めた、というデータがあります。

きっかけは自分から作るもの。

この冬休みに1つでも目標を立てて、

苦手科目の克服や3学期の予習を行ないましょう。

塾に通ったり、もしくは決まった時間に毎日映像授業を視聴する、

など、生活のリズムを決めて学習を行なうと、

遊びの予定を含め、有意義な冬休みになるでしょう。

 

「高校1年生の冬期講習」を成功させる「4つのポイント」

その1「復習」 1・2学期の復習を行なう

1年生で学習した内容は今後の大学入試の勉強の土台になります。

また、既に皆さんもお気づきの通り、高校の学習量は、

中学校のときの学習量に比べて、格段に増えています。

Evernote Camera Roll 20161017 205908

一例を挙げると、中学で学習した「歴史」という範囲は、

教科書で約200ページになりますが、

高校で学習する歴史分野は、

「日本史」+「世界史」合わせて600ページ以上になり、

それだけでも約3倍の勉強量が必要になります。

他の科目に関しても同様に増えていますので、

日頃からの学習習慣が身に付いていないと

到底追いつかない状況になります。

そこで、この冬休み特別講座(冬期講習)を利用して、

ふだん時間を取ってじっくりと学習できていなかった単元や

苦手科目については、全てこの期間に学習しておきましょう。

ベリタスの映像授業であれば、冬休みという短い期間でも

十分に学習することが可能です。

 

 

その2「未来設計」 志望校の方向性を決める

将来に自分が就きたい職業は決まっていますか?

目標を持つことで意欲も集中力も全然変わってきます。

まだ就きたい職業があやふやな場合は、

日頃から興味や関心があることや自分が得意だと思うことを挙げてみてください。

好きな科目や得意な科目でもいいでしょう。

そこからどんな職業があるのかを調べ、なるべく多く書き出してみましょう。

書き出すことで新たな発見や興味を持ちやすくなります。

目標を持つことは早ければ早いほど、その後の学習に効果をもたらします。

ぜひこの機会に一度考えてみてはどうでしょうか。

また、将来のことで悩んでいるあなた、

学校の先生や塾の先生(塾長)に相談してみるといいですよ。

 

その3「文理選択」 早めに受験勉強を始める

多くの生徒さんは、1年生のうちに来年文系に進むのか、

はたまた理系に進むのかの選択を学校で行ったかと思います。

文理選択が決まれば、大方受験で使用する科目も絞れてくることになります。

ということは、1年生のこの時期から本格的な受験勉強をすることが可能になります。

文系を選んだあなたは、英語・現代文・古典を中心に、

理系を選んだあなたは、英語・数学を中心に学習をしていきましょう。

 

その4「現状把握」 現状の評定平均を算出する

大学や専門学校の一部では、ある一定の内申点を取っていれば、

推薦で合格を勝ち取ることができます。

高校では、中学と違い

定期テストの点数が成績表に直接反映される学校が多いです。

ですので、今までのテストの結果や成績表を振り返り、

現在の自分の評定平均を算出してみましょう。

また、志望としている各学校の推薦入試の要項を

ホームページなどで確認し、比べてみてください。

1年生の段階では、各学校が定めている評定値より

高い基準を所持するようにしましょう。

なぜならば、皆さんも想像がつく通り、

1年生の勉強よりも、2年生の

2年生の勉強よりも、3年生の学習内容が遥かに難しくなるため、

定期テストの点数が取りづらくなるからです。

3学期以降の定期テストでの点数目標を定め、

そのテスト範囲の予習やその単元に関連性がある1・2学期の内容、

中学内容の復習に、長岡松陰塾金房校の映像教材を活用し、

その分野を何度も視聴し定着させてしまいましょう。

 

 

高校1年生のみなさんへのオススメ講座

教科 講座名 時間 難易度
基礎 標準 応用 発展
英 語 <強化トレ> 動画英文法2700 約2分×2700問  ●
英文法の神【入門編】 約90分×33回
数 学 初歩からの「トレーニング数学Ⅰ」 約10分×400回
(予定)
初歩からの「トレーニング数学A」 約10分×200回
(予定)
数学α講座ⅠA 約135分×35回
国 語 必須現代文 約80分×30回
レベルアップ現代文 約60分×20回
基礎古文Ⅰ 約60分×33回
基礎古文Ⅱ 約60分×10回
基礎漢文 約80分×9回
理 科 物理基礎講義 約150分×13回
Basic物理【演習編】 約5分×103題
化学基礎講義 約60分×16回
生物基礎講義 約60分×10回
センター地学基礎徹底演習 約200分×5回
社 会 新・日本史講義 約120分×58回
日本史講義(文化史) 約70分×15回
センター世界史講義 約80分×35回
まるわかり入試世界史講義
(先史~近世史編)
約60分×24回
新・センター地理 約90分×25回
新・センター現代社会 約80分×34回
新・センター政治経済 約100分×33回
センター倫理講義 約60分×38回

(講座情報は2016年10月現在)

 

「高校生コース」の各講座の第一講はこちらから無料聴講できます。

【高校生コース】 メイン教材の概要(無料お試し可能)

 

 

「高校生コース」のお申込、お問い合わせは…

長岡松陰塾 金房校

〒940-0045 新潟県長岡市金房3-4-15 コーポ暁1F南

電話:0258-89-8029

Mail:kanefusa@nagaoka-showin.com

担当:土田

ホームページからのお問合せはこちら