こんにちは! 塾長の土田です。

昨日の夜、教室内の片付けをしていたら、

新研究の忘れ物に気づきました。

やはり「気付き」は大事です。

 

さて、先日、

卒塾生の親御さんがいらっしゃいまして、

当時の生徒さんが、今も陸上部で頑張っている、

という「近況」を話してくださいました。

チームは全国大会の“常連”ですが、

その中でも、「都大路」の“当落線上”のようです。

 

もし出場できるのであれば、この上ない「経験」になるので、

頑張って欲しい、と少しですが“応援”させてもらいました。

 

「全国」を知る、「全国」で戦う、

という「経験」は、なかなかできないことなので、

機会があるなら、チャレンジしてほしい、

と思っています。

 

実は、塾長も高校時代、「全国」規模の模試で、

何回か名前が掲載されたことがあるのです。

最初はめちゃくちゃ嬉しかったですし、

何回か「経験」すると、何より「自信」になるのです。

 

決してトップクラスではないものの、

受験勉強では、

「全国」で戦えてる、

という実感が湧いてきたのです。

 

反面、「心」のバランスが崩れ、

「過信」という「経験」をしたのは、その後。

立て直すのに苦労しましたが、

それも「経験」

 

そんな学生時代の苦楽も、

今、生徒さんたちを指導する上でも、

とてもいい「経験」になっています。

 

どんな分野でもかまわない、のですが、

 

「全国」で戦う「経験」

 

をして欲しいな、と思います。

 

今日も張り切っていきます。