こんにちは、塾長の土田です。

塾の生徒さんが、最近書き直してくれました。

少し消え気味だったので、ありがたい限りです。

 

さて…

最近、巷に登場した

スマートスピーカーを入れてみました。

 

スマートスピーカーとは、

対話型の音声操作に対応したAIアシスタントを

利用しているスピーカーのことで、

AIスピーカーとも呼ばれています。

 

さまざまなところから出ていますが、

とりあえずGoogleのものを入れてみました。

 

例えば、「今日の天気は?」

と聞くと、

ちゃんと今日の天気を答えてくれます。

 

「大谷翔平って、誰?」

と聞くと、

Wikipediaによれば、岩手県奥州市出身のプロ野球選手、

と返答してくれます。

 

もちろん、「スピーカー」なので、

音楽を流すこともできますが、

CDプレーヤーなどは必要なく、

音楽ストリーミングサービスから

インターネット経由で流れます。

 

まだ使い始めなので、

もっと便利な機能があると思いますし、

これから付与される機能もあると思います。

 

でも、

もう、そんな時代になっているのです。

 

なぜ、こんなことを書くか?

 

と言えば、

「好奇心」旺盛な生徒さんを育みたい、

と思っているからです。

 

将来、どんなことをするにしても、

どんな困難にぶち当たったとしても、

「好奇心」が大きければ、

乗り越える可能性がある、からです。

 

ひとつの道しか見えていないと、

その枠の中で考えてしまい、

思考の“路頭に迷い”がちになります。

 

しかし、さまざまなことに

「好奇心」を抱いていれば、

そこからヒントを得て、活かす、

ということもあるのです。

 

先日、羽生善治・永世七冠をブログで書きました。

もちろん将棋も強いのですが、

羽生さんは将棋だけ、ではないのです。

 

「チェス」でも、日本でトップの実力の持ち主である、

ことは、意外に知られていないかもしれません。

それも、20代なかばになってから始めて、

日本の大会でも優勝した実績があるのです。

 

また、羽生さんは「人工知能」にも造詣が深く、

昨年、「人工知能」を特集した「NHKスペシャル」で、

精力的に国内外を取材する様子が放送されています。

「プロフェッショナル」と呼ばれる人たちは、

その道だけでなく、他のことにも造詣が深い、

ということはよくあります。

 

明日はロボット教室です。

これもテキストはありますし、

明日は、ほぼテキスト通りに作ってみることになるでしょう。

 

しかし、2回目は、

必ず「改造」「工夫」の時間があります。

 

「想像力」「創造力」を育むために、

毎月必ず継続的に設けている時間です。

 

ロボット教室の生徒さん達のなかには、

「好奇心」が強いがゆえに、

明日の1回目を早く終わらせて、

「改造」を手がけるお子さんも出てくるでしょう。

 

私が関わる生徒さん達には、

そういう時間も大事にしてほしい、と思います。

 

今日も張り切っていきます。

 

火曜日(3日前)の歩数 14,381歩

水曜日(2日前)の歩数 16,850歩

昨日(1日前)の歩数 18,196歩