こんにちは! 塾長の土田です。

小学生くんのお迎えに来た年長さんの妹ちゃんが、

「じゅくのせんせいと、べんきょうしたい」

と言ったので…

お兄ちゃんの「さんすう」を一緒にしました(笑)

 

なんせ3学年上なので、答えは教えましたけど、

ボタンを押すのは、全部、いもうとちゃん。

 

なかなかやれないお子さんもいるのですが、

しっかりやっていました。

そうそう、このご兄妹さんから、

チョコもいただきました。

「あめちゃん」コーナーに登場します。

 

さて、昨日のことですが、

最近入塾してくださった中学生くんの

親御さんと面談しました。

 

定期テストの結果を見せていただいたら、

「5科目」とも同じような点数で、

推移していました。

 

そんなときには、

「算数」「数学」から手を付けていきます。

 

理由は、3つです。

 

1つ目、「算数」「数学」は

「思考力」を付けるのに、

最適な科目だからです。

これが「理解力」の強化にも繋がり、

理科など他科目への波及もあるので、

真っ先に取り組むべき、なのです。

 

2つ目、「算数」「数学」は、

「積み上げ」の科目である、

ということです。

 

さまざまな形で、単元が関連していきますので、

今やっている単元より、前の単元や、

前の学年、あるいは前の前の学年でやったことが

理解できていないために、今やっていることが理解できない、

ということが、往々にしてあります。

 

3つ目は、「算数」「数学」は、

キチンと積み上げていけば、

比較的得点の上げやすい科目、だからです。

 

苦手な生徒さんほど、

「食わず嫌い」で取り組まないのですが、

少しできるようになると、

解けることが楽しくなってくるのが、

「算数」「数学」でもあるのです。

 

そういえば、今日、

今月アタマの数検(数学検定、算数検定)

結果速報が届きました。

(書面では来週以降になります。)

合格者も多く、成績も優秀でした。

 

ただ、中3生が受検した3級で、

共通して正答に至らなかった問題がありました。

 

1目盛りが1cmの方眼用紙に、

点Oを中心として、半径 √5 の円を

「コンパスだけ」を使って作図せよ、

という問題です。

 

1cm四方の方眼がなかったので、

5mm方眼を使用しています。

 

三平方の定理(ピタゴラスの定理)に慣れていれば、

この関係に気付いて、

このようにコンパスを当てて、

円を描けばできあがり、です。

実は、採点する側もラクで(笑)

上の図のように、

1cmの方眼の角に、8点が通るように作図しないと、

(赤い線がすべて、長さ√5 になっている)

恐らく不正答扱いになったと思われます。

 

進学校受験予定の受験生は、図形問題で

三平方の定理を使いこなせることが

結果を左右してきますので、

しっかり復習してほしいな、と思います。

 

今日も張り切っていきます。