こんにちは! 塾長の土田です。

 

ゴールデンウィークの写真シリーズ、

最後は、新潟市の西海岸公園です。

まだシーズンにも入っていないので、荒れていないせいか、

砂浜の白さがとても印象的でした。

 

さて、昨日は、松陰塾本部から、

山口県萩市の御神札を賜りました。

4月、松陰塾本部役員、スタッフ一同で、

山口県萩市の松陰神社に参拝、祈願したとのことで、

驚いたことに、神棚まで付いてきて、

組み立てたら、こんなになりました。

本部のみなさま、ありがとうございます。

教室内に祀りたいと思います。

 

さて、一昨日、3月の確認テストの結果が返ってきた時

(確認テストの)問題が戻ってきてないから、

復習できない、とボヤいていた中学2年生さんが、

「問題が戻ってきました」

と持ってきてくれたので、

 

「数学」だけ解説したら、

これだけの分量になりました(^^;)

 

 

テストの類は、どのお子さんも多かれ少なかれテスト前に勉強します。

お父さん、お母さんに、良い結果を見せたいから、と張り切ります。

もちろん、やらないよりは、やったほうがいいです。

でも、みんな、テスト前は、勉強するんです(笑)

 

そして、結果に、一喜一憂するんです。

望外の結果が出ると、生徒さんは大喜びしますし、

望ましい結果でないと、生徒さんは落ち込みます。

 

まぁ、まだ10代ですので、今のうちは、

感情は出してもらったほうがいい、と思います。

 

もちろん、塾長も、良い結果の報告は嬉しいですよ。

その生徒さんに成果の萌芽が出始めた、という意味で。

 

でも、それくらいなのです。

結果は、その時点での実力、というだけ。

範囲が狭いテストでも、広いテストでも一緒です。

 

それよりも大事なのは、テスト後の「復習」です。

 

最近もそんなこと書いたなぁ、と思ったら、

模試の「復習」が大事だよということで書いていましたね。

 

範囲が狭いテストでも、定期テストでも、

確認テストでも、新潟県統一模試などの模試でも、

できなかったところ、間違った箇所を

しっかりと「復習」して、

次回、同じ問題が出た時は必ず正解する、

それくらいまでやることが大事なんです。

 

全国数百人?の塾長ブログ愛読者のみなさんには、

何度も出しているので、耳タコかもしれません(笑)が、

30年ほど前の、塾長は、

模試で出た1問50点の問題が、大学入試で出て合格

当時、復習しなかった高校同級生は、翌年入ってきた、

という話をして、「復習」の大切さを説いています。

 

裏を返すと、タイトルに書いた

唯一、復習の要らないテストは…

 

『入試問題』

 

だけです。ただし、お子さんが受ける入試、のことですよ(笑)

過去問は傾向やレベルを知るために、やっておいた方が賢明です。

 

『入試問題』を復習しなければならない状況、

 

それは…

浪人して、翌年入ってきた高校同級生、

浪人時代に、その入試問題を、さんざん「復習」したそうです ^^

そのような状況です。

 

そのことを心得てほしいと思います。

 

一方、高校生は、

今日からテストのところも出てきます。

随分久しぶりに、

y=tan θ のグラフを書いた気がします(笑)

もちろん、結果にこだわるのなら、

テスト前にシッカリやることは大事ですよ。

 

今日も張り切っていきます。

ただし、夜7時まで、ですので、ご注意を。

 

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 10,212歩

水曜日(2日前)の歩数 8,015歩

昨日(1日前)の歩数 9,266歩