こんにちは! 塾長の土田です。

この週末は、ちょっとだけ降りましたね。

土曜日はロボット教室でした。

初めての授業でしたので、

届いたばかりの、部品の確認をしつつ、

クルマやギアの仕掛けをつくったりしました。

 

次回は上の写真の三輪車が、どんなになりますか?

お楽しみに。

 

幼稚園児くんは、プライマリーコースで、

ギアの仕組みがわかる仕掛けをつくったり。

ギアの数が3個と4個では動きが違いますし、

上の写真のように、

最後のギアが大きいと、また違う動きをします。

 

その「違い」に気付くことから、

自然科学への興味は始まり、広がっていきます。

 

ほんのちょっとしたこと、ですが、

それに気付く「眼」を育むことが、

長期的に、大きな差に繋がっていきます。

 

次回の授業は、12/24(土)です。

体験授業のお申込はこちらからです。

 

 

そうして、ロボット教室を受けた生徒さんから、

理数系や自然科学に興味を抱いて、

将来的には

この週末にノーベル賞を受賞された

大隅良典栄誉教授のような研究者が出てくれたらなぁ…

…とストックホルムの映像を見て、

一瞬思ったものの、

 

冷静に考えたら、

仮に、そんな状況になった、としても、

塾長が生きている可能性が、

限りなく低いなぁ…(^^;

と思ったもので、それなら、

ものづくりに興味を抱いたり、職業にしたり、

自然科学にも興味を持って、

できれば、理数系の学科を目指してほしいな、

と思ったのでした。

 

そういえば、

先週届いた同窓会誌に、

大隅良典栄誉教授が

特集されていました。まるまる4ページ。

母校関係者がノーベル賞、

なんて、めったにないことなので、

コピーして、教室内のどこかに、貼っておこうかな(笑)

 

最後に、塾長からの挑戦状・ジャマイカ編です。

意外と、作りやすいかな。

パット見で、4パターン思い浮かびました。

 

今日も張り切っていきます。