こんにちは! 塾長の土田です。

上越市出身で、日本文理高校からプロ入りした

横浜DeNAベイスターズ・飯塚悟史投手が、

プロ入り初勝利を挙げましたね~♪

 

一軍に上がってから、2敗はしたものの、

先発して及第点のピッチングをしていたので、

やっと白星が付いて、何よりです。

 

横浜DeNAは、現在3位なので、

十分、CS(クライマックスシリーズ)を狙えます。

これからの飯塚投手の活躍に期待したいですね。

 

どの学校も、夏休みが終わって、

どの学校も宿題が出始めましたし、

期末テストも近いので、

ワークを進めている生徒さんもいます。

この前の日曜日に行われた、

新潟県統一模試第4回の復習もやりました。

平面図形の問題を解いているように見えますが、

実際は「空間図形」の問題です。

 

空間図形の問題ですが、

問題の中身を吟味すると、

平面図形の問題に帰着できるのです。

 

こういった感覚は、

問題演習を重ねていると身に付くのですが、

たいていそこまでやらない、のです。

 

この問題は良問なので、

この問題を理解するために、

1時間、2時間くらいかけても、全く問題ないです。

 

ちょっと前のブログで

「立ち止まって」考えるのは、なるべく長い休みに

という趣旨のことを書きましたが、

このレベルの問題は、それにも値します。

 

 

新潟県の公立高校入試でも「図形問題」は必ず出る上に、

1,2,3年生の範囲をバランスよく、

時には、3年間の知識を総動員して

やっと解けるような問題も出てきます。

 

普通科の上位校、

あるいは理数科を目指す生徒さんには、

しっかり復習してほしい問題で、

こういう問題で、差がつきます。

この回を受験した生徒さんにも、そんな話をしました。

 

 

第5回の統一模試は、10/1(日)です。

同日開催で、筆答検査A対策模試も実施されます。

(5教科の統一模試の後に、筆答A対策模試が行われます)

中3生の、受験校絞り込みから決定も、

この第5回と、11月の第6回が最後になります。

お申込みはお早めに。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

塾に通ってない受験生の申込も受け付けています。

申し込んでくれた生徒さんがいたので、

会場の状況を見たら、

「超近くの会場」「車で20分程度の会場」

ふたつありました。

 

場所はここでは明かせませんが、

「超近くの会場」は、

毎回早く埋まる傾向にあるので、

お早めにお申込みくださいね。

 

 

 

中学1年生、中学2年生なら、今のうちから、

こういう「図形」問題に積極的に取り組んでいきましょう。

 

今のうちから「図形」もし、問題への苦手意識をなくしておかないと、

受験校がどうしても限られてきてしまいます。

 

能力の差、というよりも、

問題演習量の差、なのです。

 

苦手な子が、問題演習もやらない(あるいは足りない)から、

結局、苦手なまま受験を迎えてしまうのです。

 

克服するなら今のうち、です。

 

今日も張り切っていきます。