こんにちは! 塾長の土田です。

昨日は、生徒さんが職業体験に行く準備として、

自己PRを書く必要があって、少し見たら、

明らかに行き当たりばったりで書いていたので、

付箋を使って、書き方を教えました。

 

そういえば、一昨日は、

昨年大学合格第一号の親御さんにバッタリお会いしまして、

その時に、その大学生くんの妹さんの相談をされました。

 

どうも専門学校への進学を考えておられるようなのですが、

その試験科目に「現代文」があるそうなのですが、

その受験対策ができるか?

ということなのです。

 

「現代文」は受験対策が取りにくい、

と感じる科目なのです。

 

正直、学生時代の塾長も、そう感じていました。

 

中学になってから、

意識して読書するようにしましたが、

国語(現代文)は、自信を持って、得点を取れる

そんなイメージが掴めぬままでした。

語彙力だけはがんばって付けてきましたし、

読書量もそれなりに積み重ねてきました。

(教室に置いてある本です)

 

しかし、「現代文」を攻略する方法はあります。

一番最初の「必須現代文」という講座の「第0講(はじめに)」です。

私が学生時代に思っていたこと、

そのまま、電子黒板に書かれています(笑)

 

その次の「レベルアップ現代文」の「第0講」で

「必須現代文」でやってきたことをかいつまんで示しています。

改めて高校コースの「現代文」講座を見ていると、

現代文にも方法論はあるし、

そのためにやるべきこともハッキリしている。

他の科目と同じように「復習」の必要性もある。

 

だから、

「現代文」は、勉強しただけの成果は現れる科目、

と感じます。

 

高校時代のワタシには、キツく話したい(笑)

そう反省しています。

 

まぁ、詳しい話は、来週になってから

親御さんと妹さん、ふたりでいらしていただくことになり、

その時に、志望校の過去問などを見れることになっているので、

それからにしよう、と思います。

短期勝負なので、

講座を絞ってご提案しようと思います。

高校生コースの場合は、第1講は無料受講できるので、

時間が許せば、受講してもらうことも考えています。

 

そして、場合によっては、速読が必要かもしれません。

こちらも、無料体験(30分~40分)あります。

 

これからの時期だと、

AO入試、推薦入試などの季節。

自己PRの書き方にも技術がありますし、

「小論文」の講座もあります。

 

夏期講習に短期集中、ということも、できますので、

お気軽にお問合せくださいね。

 

 

今日も張り切っていきます。