こんにちは! 塾長の土田です。

今朝もいい天気になりましたね~♪

Evernote Camera Roll 20160824 103901 (4)

毎朝参加していた、ラジオ体操も

今朝が最終日、ということで、

参加シールに並ぶ列(真ん中)と、

各町内ごとに、参加賞に並ぶ列(左側)ができていましたね。

 

昨日も、あめちゃんの差し入れを頂いたり、

Evernote Camera Roll 20160824 103902

週末に大阪に行ってきた生徒さんが、

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のおみやげを

持って来てくれたり、

Evernote Camera Roll 20160824 103901 (2)

バウムクーヘンのお裾分けをいただいたりしております。

Evernote Camera Roll 20160824 123826 (2)

順次、生徒さんに出していきます。

 

そして、宿題が終わるかどうか、瀬戸際の姉妹さんからは、

「夜の延長」の申し出もあったりしまして、

Evernote Camera Roll 20160824 103901 (3)

 

軽い夜食をお父さんから持って来てもらって、

宿題を頑張っていました。

 

昨日も書いたように、まずはやり切ることが大事です。

 

早くからやったほうがいい、というのは、

ある意味オトナの意見で(笑)

もちろん、夏休みの最初のほうでも、途中でも、

生徒さんたちには、そういった“忠告”をしているのです。

それでも、ついつい後回しになったりします。

 

で、出遅れた生徒さんたちも、

それぞれに「ヤバイ」と思っています。

 

そして、間際に駆け込む、という“経験”をすることで、

たぶん、「苦しかった」「辛かった」など、

さまざまな感情を抱きます。

 

そして、

「来年は事前に計画を立てよう」

「もう少し早くからやっていこう」

と自分のこととして受け止め、

自ら、次の行動に活かすようになっていくのです。

 

それに気付いてくれるまでは、

それぞれの生徒さんとの「根比べ」でもあります(笑)

 

しかし、そうやって「自立学習」は育まれていくのです。

 

親御さんなど周りのオトナが

勉強の進み具合など、細かいことに口を挟むうちは、

お子さんも、周りのオトナに

「依存」して学習していることになるのです。

 

それを脱却していくのは、

お子さんが自分自身で計画し、勉強し、達成していく、

そして、お子さんが進め方、やり方などで困っていたら、

親御さんなり、私のような立場の、周りのオトナがアドバイスして、

お子さん自身で“軌道修正”していく。

 

一見同じことをやっているようですが、

半年や1年続けていくと、目に見えて大きな差になってきます。

 

どの小学校、中学校でも、夏休みの計画表、進捗管理表など、

学校の先生方が苦心して作られている書類がたくさんあります。

 

長岡松陰塾金房校では、

それらの計画表などをもとにして、

生徒さん達が「自立学習」できるように、指導しています。

 

既にお知らせに上げたように、

明日25日までは午前9時から教室を開けています。

Evernote Camera Roll 20160824 103901 (1)

無料体験学習など随時受け付けていますので、

お気軽にご相談くださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

 

旭岡中学校、宮内中学校など、

今日から学校の授業が始まるところもありますので、

生徒さんの動向も、徐々に夕方にシフトしていきます。

 

今日も張り切っていきます。