こんにちは! 塾長の土田です。

今朝は梅雨っぽい天気になりましたね…。

Evernote Camera Roll 20160630 135050

無料体験学習、受け付けていますよ…

と幟などにも書いていますが、

実は、昨日は3名の体験学習と、

2名の夏休み特別講座(夏期講習)お申し込み、

Evernote Camera Roll 20160630 135051

加えて、月曜日に体験に来てくれた中2生の親御さんから、

来週から通塾する旨のご連絡をいただき、

さらに、中越大会に行っている生徒さんは、ほぼみんな休んだのですが、

学校居残り組の生徒さんが早帰りだったらしく、

早く来て、暑い中、外で待ってくれてた生徒さんもいたりして…。

冷や汗タラタラ、テンヤワンヤでした(笑)

 

夏休み特別講座(夏期講習)をお申し込みいただいた親御さんは

以前から塾長ブログを読んでくださっていて、

まだ通塾前にもかかわらず、

「あめちゃん」の差し入れをいただきました ^^

Evernote Camera Roll 20160630 132440

お姉ちゃんが、先週、佐渡へ修学旅行だったそうで、

そのときのお土産の佐渡金山小判飴もいただきました m(_ _)m

 

試しにあめちゃんスペースに載せてみたら、

存在感がハンパない、ですね(笑)

Evernote Camera Roll 20160630 132440 (1)

キットカットは冷凍庫でギンギンに冷やしています。

せっかくなので、今日、出します。

 

さて、その中の中学生さん、

6月の定期テストで“大台”を割り込んで、

(大台、はご想像ください、笑)

今までで一番点数が低かったので、心配になった、

とのことだったのです。

 

しかし、体験学習のなかで、

数学と英語の弱点診断をさせてもらったのですが、

満点ではないものの、中学生ではともに過去最高(笑)

 

答案を見ていても、これまで学んだことを

しっかりと自分のものにしていることが感じられたのです。

 

なので、この中学生さんには、

私の高校1年生の時に「壁にぶち当たった」話をしました。

 

実はワタクシ、こう見えても、

高校入学時の成績が自分でもビックリするほどよかったのです。

 

当時のサッカー部顧問が、入学したて入部したての私に

入学時の成績を教えてくれたことがあったのです。

もう20年以上経ったので時効でしょう(笑)

 

が、好事魔多し。

 

高校1年の1学期で、ガクンと、というより、急降下したのです。

 

入学時の成績、順位が「プレッシャー」「重荷」になり、

周りがみんな賢く見えていました。

加えて、当時のクラスには、同じ中学から進学した人がおらず、

心理的にも完全に追いつめられて、とことん悩みました。

「大きな壁にぶつかった」と思った時期でした。

 

そこで、一度、自分を“リセット” したのです。

自分の長所や短所、今後の進路のことを冷静に考え、

どんな形で高校生活を送ろうか?と見つめなおしました。

 

高校生と(昨日来てくれた)中学生では、

その考え方、やり方は違ってくるので、ここでは詳しく書きませんが、

その時期に「自分を見つめ直した」ことで心理的にも吹っ切れました。

 

勉強の面でも、人間関係の面でも、部活の面でも、

すべてがうまく回り出しました。

 

成績も夏休み明けの2学期から戻り始め、順位は急回復。

2年になったら、志望校を“上方修正”しようと決意し、

3年になったら、数学を趣味のようにやるようになり(笑)

結果、母校に現役合格しました。

 

「大きな壁にぶつかった」と思った時に、

その壁を避けるか?

その壁を乗り越えようとするか?

大きな分かれ道です。

 

もし、壁を乗り越えようとするなら、

自分自身のこと、周囲のこと、将来のこと、など、

冷静になって見つめ直す時間を作ったほうがいいです。

 

そういう時に、

自分にとって何が重要か?

自分はどんな方向に進みたいのか?

自分の長所(強み)は何か?

を考えたり、周囲の人達に聞いてみるといいのです。

 

例えば、昨日の中学生さんでいえば、

面談していた中で、彼女のちょっとした表情から、

「負けず嫌いな面があるんじゃないかな」

と思っていたら、

お母さんが昔から負けず嫌いだ、と仰っていました。

「負けず嫌い」であることは、

この中学生さんにとって大きな「長所」です。

 

「少し成績が落ちた」「壁にぶち当たった」

と思った時に、自分ととことん向き合い、

周囲の意見に耳を傾けていく。

そうすると、活路が開けてきます。

 

まさに「窮すれば通ず」なのです。

 

たぶん、お友達や周囲の方から見れば、

その中学生さんがそんなに落ちたとは思われない程度かもしれません。

レベルの高い話だよ、って。

 

しかし、その“危機感”の持ち方もとてもいいと思ったのです。

たぶん、私がこの中学生さんと同じ立場だったとしたら、

「ヤバい」と思ったでしょう。

 

この中学生さんが通っていただけることになれば、

勉強以外にもアドバイスできるような気がしています。

 

そういえば、こんなのも来ていましたしね(笑)

Evernote Camera Roll 20160630 135603

そろそろ同窓会報も塾にバックナンバーを置こうかな。

 

キットカットも冷え冷えで、準備完了です(笑)

Evernote Camera Roll 20160630 140206

今日も張り切っていきます。