こんにちは! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20161005 165654 (2)

10月になりましたので、

教室内の飾り付けもしてみました。

 

 

 

さて、昨日、中学1年生の生徒さんから、

タイトルに書いたような相談を受けました。

 

「学校のテストになると緊張してしまうんですが、

どうしたらいいですか?」

 

 

 

その生徒さんは吹奏楽部なので、

演奏会のような場ではどうなの?

と聞き返すと、

「部活の大会、発表会では緊張しない」

と言うのです。

(後で聞いたら、小学生の時から、

そういう演奏会の場には立っていたそうです。)

 

 

じゃあ、

なんで、大会や発表会では、緊張しないんだろう?

と、さらに問いかけてみました。

その生徒さんは、

「たくさん練習しているから、かな」

と答えました。

 

さらに、私から問いかけました。

 

じゃあ、学校のテストでは、なんで緊張するんだろう?

 

生徒さん、考え込んじゃいました ^^

 

お母さんの迎えも既に呼んでいたので、

私から切り出しました。

 

部活では、ふだんも夜遅くまで練習してるよね。

夏休みなんかも

朝から夕方まで、たくさん練習していたよね。

その中で、大会のときのような、

みんなで通しのような練習もやるよね。

 

 

じゃあ、勉強のほうはどうだろう?

 

定期テストのような“練習”をしているかな?

 

彼女は、そんなことはやったことない、と言っていました。

 

定期テストなどの場合、

まずは、テスト範囲の「内容の理解」から入り、

実際に「自分でできるかどうか?」を確かめる必要があります。

 

その際に、「時間」を意識してやることで、

定期テストの “練習” になるのです。

 

「このワーク2ページを、15分でやろう」

とか、

「この演習問題のページを、30分以内に終わらせよう」

とか、

「時間」を意識した演習を、自分でやってみるのです。

 

彼女には

「そうやって、自分に“プレッシャー”をかけてみると、

テストのときは、それより楽に感じるときがくるよ」

という話をしました。

 

実際、私自身がそうで、

普段の勉強の時に、問題演習のタイムトライアル、みたいな感じで、

そのこと自体は楽しみながらも、

自分へのプレッシャーを、ハンパない形でかけていたので、

テストのほうがラク、なんてことは、よくありました(笑)

 

とはいえ、なかなか、自分自身へプレッシャーをかける、

なんてことは、お子さんが自主的にやるか?というと、

なかなかやらない、でしょう。

 

でも、長岡松陰塾金房校にはあります。

 

塾のパソコン教材の「算数」「数学」には

ほとんどの問題に「制限時間」があります。

Evernote Camera Roll 20161005 165656 (1)

そのようにして、ふだんの勉強から

「時間」に対する意識を、植え付けているのです。

 

その意識が、定期テストや受験などにも必ず活きてきます。

 

無料体験学習でも体験できますので、

お気軽にお電話くださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

 

さてさて、1学期も終わりに近づいてきました。

 

小学校は、明日か、

Evernote Camera Roll 20161005 165655

明後日が、終業式。

Evernote Camera Roll 20161005 165655 (1)

 

中学1,2年生は、今日、明日と、新人大会があります。

Evernote Camera Roll 20161005 165653

そのため、中学校によって対応がマチマチで、

今日明日が午前で終わり、金曜日が終業式、だったり、

Evernote Camera Roll 20161005 165655 (2)

 

 

昨日終業式で、今日から秋休み、だったりします。

Evernote Camera Roll 20161005 165656

なので、今日から3日間は、

早く開ける日が多くなることでしょう。

 

実際、今日は、生徒さんから直接要望があり、

14時30分から開けました(笑)

 

通常は、16時から開けますが、

午後の早い時間帯から勉強したい、という要望があれば、

塾長の都合がつく限り、対応いたします。

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

9月の月間アクセスランキング

第5位

「上がった」生徒さんにも、「伸び悩んだ」生徒さんにも、意図してかけた言葉、とは?

第4位

『先生が「教えない」ほうが学力は伸びる』のか? 個別指導塾で実践していること。

第3位

「連立方程式を解くコツ」は、「解いてみる」「試してみる」ことで、初めて活きる。

第2位

「今回4科目合計で、前回の5科目合計を超えた」 最大の要因は「数学」

第1位

中学校「運動会」「体育祭」を回っている、たったひとつの「理由」 

 

先ほど、2位と3位のネタにした中学生くんのお父さんが、

入塾手続き以来、久しぶりに塾に来てくれました(笑)

 

彼の真価が問われるのは、一昨日のブログにも書きましたが、

次回の定期テストです。