こんにちは! 塾長の土田です。

未明も降りましたが、

大して積もらず、何よりでした。

 

昨日月曜日は、一番生徒さんの多い日。

小学生くんは来るなり、

「先生、あげる!」

と持ってきてくれたり、

部活帰りで来た中学生くんは、

来るなり

「先生、お湯ください」

です ^^

まぁ、2つ食べたわけではなく、

昨日は、左の醤油ラーメンを食べてましたね(笑)

 

最近、あめちゃんコーナーで、

ハイチュウの個包装が大人気で、

休憩中、それだけを食べる生徒さんが数人かいるのです。

試しに、先週末くらいから、

ハイチュウのスティックタイプを置いてみたら、

ハイチュウ“専門”の生徒さんにも好評でした。

 

昨日1週間ぶりに来た中学生さんは、

「だって、こっち(スティック)のほうが美味しい」

と言うのです。

実際に、いちごで食べ比べてみたら、

その生徒さんが指摘したとおり、

断然スティックタイプのほうが美味しい、のです。

 

ハイチュウのスティックタイプがあることは、

もちろん私も知っていました。

 

しかし、塾の生徒さん同士は

学校が一緒というわけではないですし、

あめは、昔ながらの包みタイプより、

密封個包装のほうが人気だったので、

ハイチュウも個包装のほうがいいのかな?

少し割高なんだけど、仕方ないかな、

と思い、ずっと個包装にしてきました。

 

ところが、スティックタイプを試してみたら、

好評だったし、食べたら美味しかった。

ある中学生くんは、

他の中学生に配りながら、話しかけたりして、

“コミュニケーション・ツール”として使っているのです(笑)

 

これからはスティックタイプをメインにしよう、

と思ったわけです。

費用的にも少し割安ですしね(笑)

 

これは「あめちゃん」コーナーの例ですが、

普段の生活でも、仕事でも、勉強でも

「新しいことを試してみる」

ということは、大事なことです。

 

実は、長岡松陰塾金房校で使っているデジタル教材、

塾長の私自身も、最初は懐疑的でした。

私は中学、高校時代は当然ながら紙教材でしたし、

デジタル教材は、

ゲームのように先に進めるだけで、身につかないんじゃないか?

とか、いろいろと思うところはありました。

 

ただ、実際に使って試してみて、

できる子、できない子で、どうやって進めるか?

シミュレーションしてみると、

できる子は、少し先の単元や上の学年の先取り学習もできるし、

できなかった子はノート学習と繰り返しで身につけられる。

今の学年の勉強に付いていけない子は、

前の学年、2つ前の学年まで戻ってやってみる、

ということができる。

個別ブースなので、

他の子にわからないように、そういう対応もできる。

もちろん、自宅での自学にも対応できる。

高校入試前は、過去問などを紙教材でカバーすれば、

ふだんの勉強はこれだけでも十分間に合う、

ということで、ショウイン式のデジタル教材を採用しました。

 

開校して2年近くになりますが、

そんな形で運営しています。

 

頭でいろいろと考えていても、

実際にやってみる、「体験」してみると、

新たな発見や効果があったりします。

 

「新しいことを試してみる」

ことで、わかることもたくさんあるのです。

もちろん新しいことが全て良い、

というわけではないでしょうし、

そういう意味で書いているのではありません。

 

しかし、新しいことを「経験」することで、

新たな知識、知恵を身につけることができ、

結果的に、自分の「成長」の糧となります。

 

 

そんなことを思いながら、

日々、生徒さんたちと接しています。

 

塾長の場合は、「新しいことを試す」というより、

「たえず試している」という感覚です。

 

世の中は、絶えず動いていますし、

生徒さんひとりひとり、みんな違うし、

同じ生徒さんでも、日によって調子も変わりますから。

無料体験学習は随時開催していますので、

お気軽に、塾長・土田までご予約くださいね。

電話:0258-89-8029

 

ハイチュウのスティックタイプの包装紙から、

小さな鶴を作ってくれた中学生さんがいました。

「あと999羽を折って、“千羽鶴”にしてください」

 

 

…って、マジですか… ^^;;

 

今日も張り切っていきます。

 

 

 

P.S.

金曜日(4日前)の歩数 11,976歩

土曜日(3日前)の歩数 11,642歩

日曜日(2日前)の歩数 16,381歩

昨日(1日前)の歩数 15,697歩