こんにちは! 塾長の土田です。

evernote-camera-roll-20161205-202636

土曜日は、数検(数学検定、算数検定)でした。

今回は、中学生に混じって

社会人の方もチャレンジしてくださいました。

evernote-camera-roll-20161202-111617-1

次回は、3月4日(土)です。

申込締切は1月31日(火)ですので、

まだ日はありますが、お忘れなく。

 

さて、その数検のあとで、

この8月まで通ってくれていて、

9月から愛知県に転居した高校生くんのお父さんと

たまたま食事の席で一緒になりまして、

当然ながら、高校生くんの話になりました。

 

実は、この高校生くん、11月に

9科目に取り組む必要のある、大きな試験があったのです。

 

それがわかっていたので、

春先から、

11月に全部の科目で合格点を取る、

そんなつもりで、取り組むように指導していました。

 

彼の実力がそこまでなければ

無理には言わなかったのですが、

彼自身がシッカリ取り組めば、

乗り越えられないほど高い“壁”ではない、と思っていましたし、

最終的に目指す志望校が“高い頂”であるのと、

11月を逃すと、次が来年8月になるので、

今回で、ほぼクリアにしておきたかったのです。

 

最初から3科目ほど残して、来年の8月に受検機会を回す、

という選択肢を

実は、7月頃かな、彼自身がそんなことを口にすることもありました。

もちろん考えられなくはない選択肢でした。

 

しかし、11月にも受検が可能であるのに、

受検する前から、(3科目を)残すという選択肢を考えたら、

もったいないし、(次回の受検機会である)来年8月まで、

最初から引っ張ることになる。

 

それなら、最初から全部合格することを目指して、

結果的に、3科目が残りました、の方が、

悔いが残らないと思うよ、という話をしたのです。

 

結果は、

「全科目合格」

来年への持ち越しなし、

考えうる最良の結果でした。

 

もちろん、本人さんがシッカリ準備して、

得られたことは言うまでもありません。

 

 

 

「目標を立てる」「計画を立てる」ことも、

大事な“勉強”のひとつです。

 

たいていの小中学校でもこういった取り組みをしているので、

その生徒さんの自主性に任せ、首を突っ込むことは少ないですが、

ときどき見てみると、

その生徒さんの実力、あるいは目指す志望校に比べて、

途中で目指すテストなどでの

「目標」が高い、あるいは「目標」が低いかな、と思うことがあります。

 

そんな時にどうするか?

 

すぐに修正させるようなことはしません。

 

必ず、本人さんと話をして、

志望校や、最終的に目指すレベルを確認し、

今回の「目標」との“差異”を伝えます。

 

 

 

その上で、

目標が高すぎるなら、

目標を再考する、手前に手頃な目標を設定する、など

目標が低すぎるなら、

目標を上方修正する、その先の目標も設定してしまう、など

といった具合に、修正を提案します。

 

文字に起こすと、すごく複雑なように思えますが、

その生徒さんの“実力”や、

普段の塾での勉強量などを把握しているので、

普通の会話の中で、そんなことを話しています。

 

先ほど話に出した高校生くんも、

今回「9科目全部合格」したことで、

今後の勉強計画がかなり前向きなものになることでしょう。

 

高校生くんとも、FaceTimeで元気なことを確認し、

今回の結果を踏まえた上で、

今後のことについても軽くアドバイスしました。

 

勉強においても

「結果」を把握し、

「目標」「計画」に活かしていくことはとても大事です。

 

「時は金なり」

「時間」もお金と同様、無駄にできないもの、

という感覚は、言葉で伝えると同時に、

“実体験”で植え付けたほうがいいのです。

 

なかなか「結果」が出ない場合は、

「目標」と「計画」が適切か?

見てみることも大事です。

 

もし、お困りの場合は、

いつでもご相談くださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

この週末、ゴミ箱を2つ購入し、

今週から分別するようにしました。

evernote-camera-roll-20161205-202636-1

今まで1つのゴミ箱で、終わってから手で分別していましたが、

だいぶ手間になってきたので、

ティッシュをたくさん使う時期に入る前に、踏み切ります。

 

今日も張り切っていきます。