生徒さんを指導していると、

「社会が苦手だから、なかなか覚えられない」

「数学がわからない」

「英語をどうやって覚えたらいいですか?」

など、「暗記」することや

「覚える」ことに関する悩みは尽きないようです。

 

「覚える」ことが苦手な場合は、

そもそも覚えようとする内容に含まれる

「ことば」や「語句」「単語」「用語」などの

意味を理解しないまま、覚えようとするために、

すべてが、いわゆる「丸暗記」になってしまい、

覚えるのが苦になるのです。

 

私も「丸暗記」は大の苦手です。

 

「漢字」テストや「英単語」のテストなど、

暗記系のテストは苦手でした。

 

じゃあ、単語テストや漢字テストなどは、

どうしていたか?

と言えば、丸暗記ではなく、

いろいろな切り口から覚えるようにしていました。

口に出してみたり、書いてみたり、

意味を調べてみたり、文章にしてみたり。

 

英単語や漢字も、「ことば」なので、

ちゃんと意味がありますし、使い方があります。

丸暗記よりも時間は要しますが、

その上で、単語の意味を覚えることで、

自分自身が「忘れない」ような、

丸暗記にならない工夫をしたのです。

 

小学生のうちだと、比較的「丸暗記」でも

対応できたりするのですが、

中学、高校と上がるにつれて、

丸暗記が通用しなくなる場面が増えてきます。

 

定期テストの範囲が発表された中3生から、

「テスト範囲に『平方根』とあるんですけど、

まだ授業ではそこまで進んでいないので不安です。

教えてください。」

と言われました。

たまたま同じ悩みを抱えていた別の中3生と

2人に対して、

「平方根」の授業になりました。

 

まだ、学校の授業では「平方根」をやっていないので、

「平方根の意味」

「なぜ平方根が必要になるのか?」

平方根がこの世の中の、どこで使われているか?

といった話をしました。

 

もちろん、興味を抱いてくれればそれでいいですし、

もし、今の段階で理解できなかったとしても、いいのです。

 

学校の授業で「平方根」をやる時に、

平方根の話を聞くのが「2回目」であることが重要なのです。

 

もしその生徒さんが壁にぶつかるようだったら、

塾で3回目になるかもしれませんが、

それでも私は構わない、と思っています。

 

1回だけの授業で理解することができないなら、

2回、3回と繰り返し聞けばいいんです。

わからないことを聞かないから、

成績に繋がらない、のです。

 

何かを「覚えたい」「暗記したい」と思ったら、

その範囲の「用語」「語句」「言い回し」などに

「慣れる」ことから、始める。

 

多少時間はかかるかもしれませんが、

結果的に一番の近道です。