おはようございます! 塾長の土田です。

今朝は平和な朝ですね~♪

昨日は、週2回の生徒さんが一番多い月曜日だったので、

怒涛のように生徒さんがやってきて、

加えてチョコの消費量がハンパなくて

Evernote Camera Roll 20160621 092653

山盛りだったあめちゃんが…

Evernote Camera Roll 20160621 092654 (1)

こんな日もあるんですよね ^^;;

もちろん、定期テストの復習もガッツリやり、

Evernote Camera Roll 20160621 092654 (2)

生徒さんも計算をしっかりやって。

Evernote Camera Roll 20160621 092654 (3)

そうこうしているうちに、

アッという間に、夜になり、

中1の生徒さんが教室に入ってくるなり、

「数学、返ってきました。驚きますよ。」

と言ってきたのです。

 

実は、先週の段階で、数学以外の科目は

定期テストの結果が戻ってきて、良好な結果でした。なので、

 

「驚きって、(いい方か悪い方か)どっち?」

 

と水を向けてみたら、

その生徒さんが、数学の答案を見せてくれました。

Evernote Camera Roll 20160621 092654

なんと!!

「100点」の答案を持って来たのです(笑)

 

そういえば、先週

「毎日何時間勉強すれば、
定期テストで450点とれますか?」に対する塾長の回答とは?

というブログを書きましたが、

実はその質問をしたのは、この中1の生徒さんだったのです(笑)

 

彼は、この数学の「100点」で、

初めての定期テストで「450点」を越えてみせてくれました(笑)

 

質問された時点では、

それなりに良い点数を取れる地力はあるだろうなぁ、

とは思っていたのですが、今回が初めての定期テストでしたし、

実は、日曜日の定期テスト対策勉強会でも、

すぐに集中力が切れてしまい、(普段からそうなのですが)

しゃべることで発散しているところがありました。

Evernote Camera Roll 20160620 123215

 

実は、このイラストも、

その生徒さんがテスト前に描いていたものです(笑)

お母さんからは、家では動画ばっかり見ていて、

という、今どきのお悩みも伺っていました。

 

なので、その生徒さんから、

「毎日何時間勉強すれば、定期テストで450点とれますか?」

と聞かれたときに、

「時間よりも、中身を理解してるかどうか、だよ。」

「動画を見てもいい。やるときバシッとやれば、ね。」

というようなことを話しました。

 

今思うと、

彼は、私がアドバイスする前から、自分で

ON/OFFの切り替えをしっかりと実践していたのです。

 

昨日聞いてみたら、その生徒さん、

しっかりと学校の授業を受けて、

授業中に理解しようと心がけていました。

 

で、その生徒さんの口ぐせである「ヤバい」と思った時は、

短時間でも確保して、集中して勉強していました。

 

さらにわからない問題は、塾で、私が解説していました。

 

最初からこれだけの点数を取ってくれると、

テスト後の復習も短時間で終わりますし、

これからの中学生活に弾みがつきます。

 

ただ、本人には、450点を越えても

はっきりとした課題はあるし、

まだ伸びる余地もある。

手を抜くと、内容が難しくなる9月、11月の定期テストで落ちる、

というケースもあるから、油断せずにね、ということを話しました。

 

よく学習塾のチラシに、数ヶ月で成績アップしました、

Evernote Camera Roll 20160621 092654 (4)

というような実例や、

他の学習塾には、生徒や先生の顔写真を

チラシやネット広告に載せてたりしています。

もちろん、それだけ上がった実績があるので載せているわけですが…

 

冷静になってみて欲しいのは、

「最初の成績が低い」から

「上がるとスゴく見える」のです。

 

例えば、数学で20点台だったとしても、

見方を変えると

「70点以上、点数を上げる余地がある」

ということなんです。

 

しかし、反対に

中1の最初から「450点」取ってしまうと、

そこから

 

「1科目で20点アップします」

「全教科で50点アップします」

 

なんてことが言えないんです(笑)

そこに上がる“余地”がないですから。

 

そこは、お子さんの教育に対する考え方です。

 

「最初は悪くても、中学生の途中から急激に伸ばすほうがいいですか?」

 

それとも、

 

「中1の最初からスタートダッシュを決めるほうがいいですか?」

 

どちらを選ばれますか? ということなのです。

 

長岡松陰塾金房校では、どちらでも対応しますよ。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

無料体験学習も随時受け付けいたしますので、

お電話でご予約くださいね。

 

ただ、後者のほうが、

お子さんにとって自信になりますし、

途中で間違った方向に進んでも軌道修正がしやすくなります。

調査書(内申書)の結果もよく出ますので、

中3になってからの「お子さんが選べる進学先の幅」は広がります。

 

で、結果的に、ですが、

お子さんへの精神的負担もかけずに済みますし、

費用対効果も大きくなるケースが多いです。

 

生徒さんが「100点」という結果を

最初の定期テストから出してくれた、

ちょうどいい機会だったので、

嬉しくなって書いてみました。

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

金曜日(4日前)の歩数 11,041歩

Evernote Camera Roll 20160621 092655 (2)

土曜日(3日前)の歩数 9,931歩

Evernote Camera Roll 20160621 092655 (1)

日曜日(2日前)の歩数 11,917歩

Evernote Camera Roll 20160621 092655

昨日(1日前)の歩数 14,566歩

Evernote Camera Roll 20160621 092654 (5)