おはようございます! 塾長の土田です。

今朝はつめたい雨ですね…。

Evernote Camera Roll 20160613 101023 (5)

いよいよ梅雨の季節がやってきた、そんな感じです。

 

漢熟検の締め切りは今週末17日(金)ですので、お忘れなく。

 

そうそう、ショウインのイメージキャラクターである「濱田ここね」ちゃんの

Evernote Camera Roll 20160603 113754 (4)

出演しているドラマ『お迎えデス』が今週の土曜日最終回を迎えます。

ドラマの撮影も昨日終わったようです。

昨年来ここねちゃんのポスターを貼っておりますが、

今回の『お迎えデス』が生徒さん、親御さんの反応は

ダントツで大きかったですね。

私もほぼ毎週見てましたが、確かに面白かった(笑)

 

それにしても、今週末最終回、だというのに、

ギリギリまで撮影するものなんですね。

 

 

さて、昨日一昨日のブログでも書いたとおり、

この週末は定期テスト対策<無料>勉強会でした。

Evernote Camera Roll 20160613 101023 (4)

テストまで少し時間のある生徒さんが、

気分転換かたがた作ってくれました。

この生徒さん、いつも手先が器用だなぁ、と感心します。

 

それから、入塾前の無料体験+週末の定期テスト対策で、

連日熱心に勉強しに来てくれた中学生さんが来るなり、

たくさんの「あめちゃん」差し入れをいただきました。

Evernote Camera Roll 20160613 101023 (1)

本当にありがとうございます m(_ _)m

さっそく今日から登場します。

 

昨日の昼休みは気分転換で帝京長岡高校に行き、

U-18プリンスリーグ北信越の試合も少し見ました。

Evernote Camera Roll 20160613 101023 (2)

帝京長岡高校と石川県の遊学館高校の対戦で、

後半30分くらいで0-1と遊学館がリードしていました。

Evernote Camera Roll 20160613 101023

この後少し散歩して、戻ってきたら、

遊学館が追加点を入れていました。

結局0-2で、遊学館高校が勝利したそうです。

 

 

 

そして、午後の定期テスト対策勉強会のとき、

中1の生徒さんから、こんな質問がありました。

 

「毎日何時間勉強すれば、定期テストで450点とれますか?」

 

みなさんなら、どう答えますか?

 

私は、こう答えました。

 

「テスト範囲の演習をして、自力で100%できるようになるまで」

 

と。

 

もしかしたら、ちゃんと答えてない、と思われるかもしれませんが、

その理由を説明します。

 

確かに、学校以外の勉強時間(家庭、塾)は目安にはなります。

やらない子よりは、毎日やってる子のほうが450点を取れる可能性は高いですし、

毎日30分より、2時間やってる子のほうが可能性は大きいです。

 

しかし、だからといって、時間だけで測れるものではなくて、

例えば「毎日2時間やれば450点取れる」と断言できるものではないのです。

 

毎日2時間やっても、なかなか成績が伸び悩むお子さんもいますし、

毎日2時間くらいで、アッサリ450点に届く生徒さんもいます。

 

その差はどこから生まれるのか?というと、

 

「学校の授業を受けた時に、どれだけ理解したか?」

 

によるのです。

で、その授業の習熟度の差はどこから生まれるのか?というと、

 

「それまでの勉強の習熟度合い」

 

によるのです。質問したのが中1生なので、中1を例にしましょう。

 

仮に、小学校までの勉強をしっかりして授業に臨めば、

中1の今の学校の授業の理解は早いですし、

毎日2時間復習し、テスト前にシッカリと弱点補強すれば、

定期テストでの450点というのは現実的な目標になります。

 

しかし、小学校までの勉強で「弱点」がたくさんあるようなら、

中1の今の時期の授業理解さえ覚束ないですし、

毎日2時間勉強したとしても、授業の理解だけでやっと、の可能性があります。

今の段階では、450点は現実的な目標とは言えなくなります。

 

以前、小5の女の子をもつ従兄弟の奥さんと話をしていた時、

「小学校の勉強もわかんないトコあるみたいだけど、

塾は中学校になってからでもいいかな。」

と言われたことがあるのですが、私は、

「今の時点で“弱点”があるようなら、

今のうちから対策しておかないと、

中学になってから大きな差が付きますよ」

とアドバイスしたことがあります。

 

今の時点(小5)から1時間でも勉強していったほうが、

中学生になってから2時間勉強するより、

効果は大きいし、本人さんの負担も小さい、と断言できます。

 

中学校から一生懸命勉強しても、なかなか伸びない、

というのは、以上のような理由から、である場合が多いです。

 

だから、定期テストの点数は、時間で測れるものではない、

というのは、こんな理由から、です。

 

長岡松陰塾金房校のパソコン教材は

定期テスト前の「テスト範囲の演習」を繰り返しできます。

Evernote Camera Roll 20160613 101024

パソコンなので、答えもすぐ出ますし、解説もばっちりあります。

それをノート学習していけば、しっかりと実になります。

理解できるまで繰り返しますので、自分でできるようになります。

短時間でも“濃い”学習ができるように工夫されています。

 

昔と違って、今はたいていの中学校で、

テスト範囲の「丸付けしたワーク」か

「ワークを解いたノート」の提出があるので、

テスト前になると、まずワークをしっかりとやることから始めますが、

終わった生徒さんは、パソコン教材で演習を繰り返せば、

しっかりと「定期テストの点数」に結びつきます。

Evernote Camera Roll 20160613 101024 (1)

テスト前は「社会」や「理科」をやる生徒さんが多いですね。

習得した知識の確認にはもってこい、なのです。

 

無料体験学習も随時受け付けていますので、

お気軽にお問合せくださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

そうそう、昨日は「お友達紹介」の御礼も渡しました。

Evernote Camera Roll 20160613 101023 (3)

たまたま「紹介してくれた中学生」と

「紹介された中学生」が、同じ時間帯に来ていたので、ね。

「紹介してくれた中学生」は好きな小説を買いたい、と言っていたし、

「紹介された中学生」は参考書を買いたい、と言っていました(笑)

 

今日、定期テストをやっている生徒さんもいて、

旭岡中や大島中のように今日終わる中学校もあります。

 

しかし、まだテスト期間はこれから。

今日も張り切っていきます。