こんにちは! 塾長の土田です。

昨日は、博多通りもんのお土産の後に、

修学旅行で沖縄に行ってきた中学生さんからも

おみやげを頂きました m(_ _)m

美ら海水族館なども行ってきたようです。

 

沖縄で一番印象に残ったところは、と聞いたら、

「海」

と言っていました。

 

やはり日本海とは違う世界が

広がっているんでしょうね…。

 

私は、ほとんどの都道府県に行ったことがありますが、

数少ない“未踏県”のひとつに沖縄県があります。

ですから、うらやましい限りです ^^

 

また、昨日来た別の中学生さんが、

「明日(つまり今日)早めに2時頃来ます」

と言ってきたので、

何かな? と思ったら…

明日から修学旅行、でした。

中学2年生は、そんな時期、ですね(笑)

 

で、早く来た中学2年生さん達のひとりから、

「プレゼント・フォー・ユー」

といただきました。

先週、基礎学力テスト対策で、

範囲となっている部分を2枚づつコピーしたのですが、

それをしっかり使って、練習した、

という「証」です。

 

結果、その生徒さんは、

「100点」でした ^^

答案を撮り忘れましたが ^^;;

 

でも、

たかが基礎学力テスト、

たかが単語テスト、

と侮るなかれ。

 

定期テストの点数で伸び悩んでいるとしても、

こういった小さなテストでの実績は、

本人さんにとっても「自信」になるのです。

 

そこまでやり切った「努力」を

周りが「褒めて」あげることは

とても大事です。

これが一つ目の理由。

 

そして、こういった小さなテストの実績も、

ふだんから努力している、ということで、

通知表の段階でしっかり加味している中学校はあります。

 

結果的に、その通知表の成績は、

調査書(内申書)にも反映されます。

これが二つ目の理由。

 

そして、基礎学力テストでやるような、

英単語や漢字、計算の小さなテストの類で出る問題は、

定期テストや受験の礎(いしずえ)となるのです。

この学校では「基礎学力テスト」と呼んでいますが、

まさに「基礎学力」に当たる部分なのです。

 

これが抜けおちていると、

定期テスト前にいくら勉強しても、

受験生になったから、といって勉強を始めても、

時間をかけた割に、身になってないことがあります。

 

「基礎」が抜けおちていると、

学習効率が悪いまま、時間が進む、

あるいは、なかなか成績が伸びない、

受験勉強しても、成績は下がる一方…

ということになりかねないのです。

これが三つ目の理由、です。

 

ですから、小学校の早い段階から、

ガリ勉する必要はありませんが、

勉強の習慣をしっかり身につけていく、

小さなテストでもシッカリと結果を残す、

ということはとても大事なのです。

 

長岡松陰塾金房校のデジタル教材では、

前の学年あるいは今の学年の

「基礎学力」に相当する部分を

“ミッション”として、

入塾時に必ずやってもらうようにしています。

 

テスト前に入塾した生徒さんは、

テスト勉強が優先になるので、

ミッションは後回しになるのですが、

基礎力を固める機会が後回しになってしまい、

結果的に遠回りになっていくのです。

 

基礎力がある生徒さんは、

あっさりクリアします。

 

基礎力がない生徒さんでも、

逃げずに向かっていけば、

何週間か後に、必ずコツを掴んできます。

 

中学1、2年生は、定期テストが終わりました。

次の定期テストまでの期間があるだけに、

この時期に、今までの“積み残し”をなくしておく必要があります。

 

そういった基礎力を高めるチャンスです。

 

昨日も書きましたが、

春期講習の必修コースは「無料」にしましたので、

その時期に、ジックリと取り組んでほしいですね。

 

今日も張り切っていきます。

 

 

 

P.S.

金曜日(4日前)の歩数 12,580歩

土曜日(3日前)の歩数 13,127歩

日曜日(2日前)の歩数 22,796歩

昨日(1日前)の歩数 10,787歩