先週、郡市大会が終わり、

今週から来週にかけて、

2学期制の市立中学生は「中間テスト」になります。

 

塾の方でも、平日の普段の勉強に加え、

土日の「テスト対策」も行っています。

中学1年生は、初めての「定期テスト」なので、

緊張してなかなかチカラを発揮できない、なんてこともあります。

 

ただ、中学3年間で一番点数が良かったのが

「一年生最初の定期テスト」であるお子さんも多いため、

勉強の習慣付け、テスト対策をしっかり立てる、

という観点からも、最初が肝心なのです。

 

定期テストの場合は、テスト範囲が明示されているので、

まず該当する教科書やワークを繰り返しやる、

ということを勧めますし、それが“王道”です。

それに、実際に指導していて思いますが、

間違えてしまった記録をノートに残すことを

嫌がる生徒さんはいます。

 

なかには、ワークの解答欄に答えを見て、写して、

丸付けして、提出、なんてお子さんもいます。

どうしても、いい顔をしよう、とする心理が働くのでしょう。

でも、それでは勉強にはならないことは言うまでもありませんし、

ワークの成果が、テストの結果に反映されないので、

すぐにわかってしまうのです。

 

何でも1回読んだら覚えられたり、

どんな問題でも解ける、なんてことはありません。

学校で優秀そうに見える生徒さんは、

家や塾などで悪戦苦闘していることは多いのです。

 

ですから、間違えてもいいんです。

恥ずかしいことではない、ということを

繰り返し伝えて、それから、です。

 

間違えたところは、

新たに覚え直して、

時間を置いて、またやってみる。

そうやってできるようになるまでやるのが王道です。

 

そして、それを自分で計画して、

自分で計画通り進められるようにするのです。

 

「定期テスト」は受験に比べて

範囲が狭く、明示されているので、

計画に落とし込みやすいのです。

 

「定期テスト」でそういうサイクルを

やってみることが大事です。

企業活動でよく耳にする「PDCA」ですね。

(P…計画、D…実行、C…評価、A…改善)

もちろん生徒さんたちには話しませんが、

最終的にPDCAを自分でまわせるようにするのが、

塾長・土田の大きな役割です。

それが「自立」ですから。

 

いきなり「定期テスト」で難しいようであれば、

「日々の学習」から始めてみるのがオススメです。

 

「日々の学習」でやってみて、

月イチの計算力や漢字、英単語などの小テストでやってみて、

「定期テスト」でやってみて、その後に、

「受験」という広い範囲のテストでも

できるようになっていくのです。