こんにちは! 塾長の土田です。

これも長期休み恒例ですが、

写真アプリを使った “塾長イジリ” です(笑)

中学生はsnow使ってる子が依然多いですね。

 

さて、12月の統一模試と一緒に実施していた、

筆答検査A対策模試の結果が戻ってきました。

今回受検した生徒さんの結果が良くて、

胸をなでおろしましたが、

全体の平均点も比較的高めなので、

若干易しめだったのかな、とは感じました。

 

新潟県の公立高校入試では、

2日目に「学校独自検査」があります。

 

受験する高校・学科により、

「学校独自検査」の科目が変わってきますので、

これからの時期は、その対策も必要になってきます。

 

この時期に、受験校を変えると、

「学校独自検査」の試験科目も変わる場合もあるので、

イチから対策し直し、なんてことになりかねません。

 

ですので、受験生が受験校を変更する場合でも、

「学校独自検査」の科目が変わらないような、

受験校変更に留めたほうが望ましい、です。

 

「筆答検査A」「筆答検査B」は、

パッと見で難しそうで、しかも文量が多いので、

時間内でこなし切るための「作戦」は、

事前に立てておき、

「筆答検査A対策模試」や筆答検査B対策問題、

過去問などで

(過去問や筆答検査B対策問題は、

長岡松陰塾金房校でも取り寄せ可能です。)

「実際に試してみる」ということを、

事前にやってみて、

「作戦」に実効性があるか「検証」する必要があります。

 

ぶっつけ本番で何とかなるほど、

中学生にとっては、簡単ではないです。

 

特に、筆答検査Aを採用している高校は、

いわゆる“進学校”がほとんど。

今まで「筆答検査A対策模試」を受けてない方は、

最終の筆答検査A対策模試は2/11(日祝)ですから、

まだ間に合います。

“予行練習” 最後の機会です。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

今日のブログで、今年最後になります。

2017年も大変お世話になりました。

来年も宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。