こんにちは! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20161024 230207 (1)

 

 

一昨日は、別件で上堰潟公園に、

Evernote Camera Roll 20161024 230206

昨年に引き続き、わらアートの時期でした。

Evernote Camera Roll 20161024 230207

昨日は、息子のミニバス遠征で、長野県須坂市へ。

Evernote Camera Roll 20161024 230208 (1)

県大会に繋がる、6年生最後の大会が、来週。

なので、その最後の練習試合でした。

Evernote Camera Roll 20161024 230209 (1)

「目標」だった大会に向けて、

今年は、例年よりはるかに多くの練習試合が組まれ、

県外も、長野県4回、埼玉県にも遠征しました。

それだけの「準備」をしてきての、来週の大会なのです。

 

正直、「結果」はどう転ぶかわかりません。

組み合わせを見たら、相当きついブロックに入ったので、

かなり厳しい状況であろうとは思います。

 

子供たちにとっても、「結果」は重要です。

しかし、それまでの「準備」はもっと重要なんです。

 

具体的には、取り組む「姿勢」、「考え方」、

練習、試合などの「計画」、その「実行」などです。

 

確かに、勝ち上がることで得られる

上の大会での「経験」は、

子供たちにとっても貴重な“財産”となるでしょう。

 

しかし、甲子園で活躍しなくても

プロで大活躍する選手がいるように、

結果がすべて、とは言い切れないところもあるのです。

 

ひとつの「目標」に向かって、

シッカリとした「準備」をしていると、

たとえある時期の「結果」が思わしくなくても、

別の方向から「見ている人は見ている」ものなのです。

 

先週のプロ野球のドラフトでも、

大学野球や社会人、甲子園の活躍選手に混じって、

準硬式野球部の投手や、

高校時代を日本で過ごした、巨漢の台湾人投手が指名されています。

「見ている人は見ている」例でしょう。

 

同じようなことは「勉強」にも当てはまります。

描いている進路で進めるように「計画」し

しっかり「準備」し、「努力」していくことが大事なのです。

 

もちろん、定期テストや、各種の検定、

受験生だと新潟県統一模試などで結果を出せる、

ということも大事です。

 

しかし、仮に思うような結果を残せなくても、

その「結果」を踏まえて、

次の目標に向かって「準備」していくことが重要なのです。

 

この春、受験で望む結果が得られなかった生徒さんでも、

その後受けた私立で、成績が良かったため、

特待扱いになった、というお話を伺いました。

 

勉強や受験においても

「見ている人は見ている」のです。

 

長岡松陰塾金房校では、

受験で結果を出すために、

それまでの「準備」を大事にしています。

 

 

さて、昨日の話に戻りましょう。

体育館に隣接する野球場のすぐ脇に、

りんご畑やぶどう畑がありまして、

なかなか長岡ではお目にかかれない光景でした。

Evernote Camera Roll 20161024 230210

帰りの休憩地が、道の駅オアシス小布施でした。

Evernote Camera Roll 20161024 230210 (1)

少し色づいていました。もう、そんな季節ですね。

 

今日のお土産は、小布施です。

Evernote Camera Roll 20161024 230211

今日は、週2回通塾の子が多いですし、

張り切っていきます。

Evernote Camera Roll 20161024 230212 (1)