こんにちは! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20161116 145026

昨日も、定期テスト対策が主でした。

夕方の早い時間帯は、小学生も中学生も

女の子だけの時間帯があり、ビックリしました。

 

その後、男の子が来てくれましたけどね(笑)

 

さて、今朝、新潟日報を見ていたら…

 

新潟日報2016年11月16日付

新潟日報2016年11月16日付紙面より

横綱・白鵬関が、昨日の大相撲の取組で、

「通算1000勝」に到達した、と出ていました。

 

千代の富士、魁皇に次ぎ、

史上3人目の偉業だそう。

新潟日報2016年11月16日付紙面

新潟日報2016年11月16日付紙面より

ただ、前の2人と比較しても、

今の段階で207敗しかしておらず、

「勝率.829」というのは驚異的で、

議論の余地なく、名横綱といえるでしょう。

 

その左脇にあった、

故・千代の富士(前九重親方)とのツーショットとともに

新潟日報2016年11月16日付紙面より

新潟日報2016年11月16日付紙面より

掲載されていた記事に、こんなことが書かれていました。

 

白鵬関は今年3月の春場所前に九重部屋に出稽古。先輩横綱が風呂から上がるのを待ち、悩みを打ち明けた。優勝回数で史上最多だった元横綱大鵬の32回を超えたことで、「何を目標に相撲を取ったらいいか分からない」。前九重親方は「おまえはまだ千勝だってあるし、何よりも夢を与え続ける相撲を取っていかないといけないよ」と後輩を諭した。横綱の思いは受け継がれ、白鵬関がまた一つ快挙を果たした。
(新潟日報2016年11月16日付紙面より引用)

これだけの勝率で、勝ち星を重ね、

「平成の大横綱」といえる横綱白鵬関でさえ、

「悩み」があるのです。

 

そして、横綱白鵬関には

その「悩み」を相談できる「相談相手」

先輩横綱(前九重親方)がいました。

 

どんなお子さんでも、「悩み」はあります。

あの横綱白鵬関でさえ、「悩み」はあるのです。

誰でも「悩み」はあるのです。

 

ただ、その「悩み」を相談でき、

解決に導ける人がいるか?

 

大人にとっては大したことない、と思えるようなことでも、

お子さんにとっては、大きな問題であることがあります。

 

その「悩み」から開放し、前に進めるかどうか?

 

そんな「相談相手」が必要なのです。

 

成績の伸び悩みが、勉強の「悩み」のこともあれば、

勉強以外での「悩み」に起因することもたくさんあります。

 

もちろん、親御さんやご兄弟姉妹、

学校のお友達、学校の先生などで、

解決できることもあるでしょう。

 

しかし、親子ゆえに相談しにくい、

友達や先生にも相談できない、

ということも、「悩み」の中身によっては、あります。

 

そんなときに、長岡松陰塾金房校では、

塾長の土田が「相談役」となって、

解決できるものは解決していきます。

 

そういえば、一昨日こんなこともありました。

 

中学生は、定期テスト期間真っ只中ですが、

特別活動推薦を考えている受験生が、

事前提出する自己PR作文に悩んでいました。

 

その姿を見かけたので、

少し時間を取り、相談に乗って、いろいろと話をしました。

 

学習塾なので、5教科の勉強で「悩み」があるなら、

すべて答えます。

そして、勉強以外のことでも「悩み」があれば、

答えられることには、全て答えます。

 

だから、ワタシ自身、“先生”とはちょっと違うかな、

とは、開校当初から感じていて、

名刺の肩書も「塾長」にしているのです。

Evernote Camera Roll 20161116 160259 (1)

ただ、生徒さんが「先生」と呼んでも、

変えてくれ、とも言いません。

その生徒さんの感じるままに

「塾長」「土田さん」「先生」…

と呼んでくれればいいかな、と思っています。

 

 

 

さて、今日は、中学校区の

南中(南中学校)の、定期テスト1日目。

 

4限の早帰りなので、

一部の生徒さんから

「学校が終わったら、来ます」

と言われていたので、

もう開けてます。

Evernote Camera Roll 20161116 160259

南中のテスト1日目に、早く開けるのは、

もう“恒例行事”ですね(笑)

 

今日も張り切っていきます。