おはようございます! 日曜日の塾長・土田です。

Evernote Camera Roll 20160911 094209 (1)

今日も、昨日に引き続き、定期テスト対策勉強会です。

昨日は、午後、席が足りないかも?

Evernote Camera Roll 20160910 152646

…という状況になり、少し焦りました ^^

もちろん、靴は揃えましたよ(笑)

Evernote Camera Roll 20160910 152647

 

そんなわけで、午前も、午後も、

定期テストに向けて勉強する生徒さんが集まりました。

Evernote Camera Roll 20160911 111704

昨日は、説明の際に記した紙を、

家に持っていく生徒さんが多かったため、

これしか残っていませんでしたが。

 

午前午後とも来てくれた、ある生徒さんが、

差し入れにアイスを持って来てくれて、

Evernote Camera Roll 20160911 094209

4時頃、みんなでいただきました。

ごちそうさまでした。

 

さて、昨日、入塾間もないある生徒さんから、

こんなことを訊かれました。

 

「連立方程式を解くコツを教えて下さい」

 

と。

何て、ストレートな質問だな、と思いました(笑)

 

連立方程式の解き方は、加減法と代入法があること、

計算過程をしっかりノートに書いておくこと、

式の中に、分数がある場合は、予め分母の最小公倍数でかけておく、

小数がある場合、10倍、100倍して、係数を整数にしておくこと、

文章題(応用問題)を解く時は、必ず何をx、yを置いたのか、

単位までシッカリ書いておくこと、などを

ワークの問題を少しやりながら、解説しました。

 

そうすると、その生徒さんから、さらに質問が。

 

「加減法と代入法、どちらを使うほうがいいか、問題を見てわかりますか?」

 

この質問を聞いて、ソコソコ演習しているんだろうな、

と思いましたので、

式を整えてみて、x=~、あるいはy=~の形にできるなら、代入法、

難しそうなら加減法だよ、と問題を見ながら、教えました。

 

こんな風に、連立方程式を解くコツ、などの“知識”は、

いくらでも教えられます。

 

でも、実際に

「解いてみる」

「(代入法、加減法を)試してみる」

ことで、初めて実のある “知恵” として活きます。

 

多少回り道でも、しっかりと、“知識”を吸収し、

実際に「解いてみる」「試してみる」ことで、

“知恵”として活かして、初めて、

定期テストなどで点数として「結果」に表れるのです。

 

なので、“知識”はいくらでも教えます。

それを“知恵”にできるかどうか?は、生徒さん次第なのです。

 

もちろん生徒さん自身ができるように、

生徒さんを導いて(コーチングして)います。

 

今日は定期テスト対策で一杯一杯ですが、

テストが明ける段階での無料体験学習のご予約は受け付けています。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

今日も張り切っていきます。