こんにちは! 塾長の土田です。

昨日、2件の資料請求をいただきまして、

午前中にお届けに伺ったのです、ともにご不在でしたが、

その時に、近くの遊歩道を撮ってみました。

この辺りの幹線道路はよく通りますが、

長岡でも、大通りから少し入ると、

まだわからないところがたくさんありますね(笑)

 

さて、個人面談や三者面談の小・中学校が多いので、

早帰りで「塾にも早く来ます」と予告して、

実際に来る生徒さんもいれば、

面談の結果を伝えてくれる生徒さんもいます。

 

成績以上に、学年順位が思っていた以上に低くて、

ショックを受けている中1生もいました。

 

成績はあくまで結果。

今さら変えられるものではありません。

 

今からどのように動くか?

それなら変えられます。

 

つまり、どんな計画で勉強を進めるか?

の方がはるかに大事です。

 

テスト1週間前から、1日3時間勉強して、

今回の結果、だったとしたら、

次回それ以上の結果を残そうと思ったら、

どういう行動を起こすか?

それが大事です。

 

 

 

「過去」は変えられないけど、

「未来」は変えられる。

 

生徒さんに話をするとき、よく使う言葉です。

来年春の入試向けの要項も出てきましたので、

昨日出してみました。

 

中3生はもちろん確認してほしいですが、

どちらかと言うと、中2生、中1生に見てほしいのです。

少しでも意識の中に「受験」を入れる時期なので。

 

行きたい高校があれば、少し見るだけでもいいんです。

それで「未来」を変えるキッカケになるかもしれません。

 

 

テスト前に、動画なんて見ないで、

テスト勉強すればよかった、と思っても、後の祭り。

 

変えられるのは、これから。

 

夏休みも、そのキッカケになりうる時期です。

夏期講習の、

中学3年生の枠は「あと2席」です。

中学2年生も、のこりわずかです。

高校生、中学1年生、小学生は、まだあります。

 

最初に出した「遊歩道」のように、

先が見通せれば、対策も立てやすくなります。

 

家ではなかなか勉強しない、というお子さんも

塾長・土田にお任せくださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

 

今日も張り切っていきます。