おはようございます! 塾長の土田です。

今朝は台風10号の影響で雨模様になりましたね…。

 

教室は、既に通常時間帯にシフトしていますが、

かたちの上では、今日までが夏休み特別講座(夏期講習)でした。

Evernote Camera Roll 20160830 001710

おかげさまで、夏休みから通ってくれた生徒さん、あるいは親御さんから、

9月以降も、というお話を次々といただいています。

 

小学生さんは、それぞれの基礎力固めに、

中学生さんは、9月の定期テストに向けて、指導していきます。

 

中学生さんは、昨日もやはり数学の問題が多かったですね。

Evernote Camera Roll 20160830 001710 (1)

高校生さんから、模試の復習をしていて

わからない箇所があると言われ、

Evernote Camera Roll 20160829 160012 (1)

正弦定理、余弦定理の解説をしました。

この辺は、公式だけを覚えようとすると、

数学が嫌いになります(笑)

図とセットで覚えるのがコツです。

 

もうひとつ、大学受験生が

集合の問題をやっていたのです。

 

そこで、ふと、思いつきました(笑)

 

この高校生の後ろで、

宿題が終わってスッキリした顔をしていた小学生姉妹さんに

その高校生がやっていた問題を、ほぼそのまま出してみて、

加えて塾長加筆問題を出してみました。

こんな問題です。

【問題】

60人の生徒がいます。

Aという本を読んでいる生徒が30人、Bという本を読んでいる生徒が40人います。

また、AもBも読んでいる生徒は18人います。

次の問いに答えなさい。

(1)AまたはBを読んでいる生徒は、何人ですか?

(2)AもBも読んでいない生徒は、何人ですか?

(3)Aは読んでいるけど、Bは読んでいない生徒は、何人ですか?

(1)(2)は高校生がやっていた問題そのまま、(3)は塾長が乗っけた問題です。

 

その小学生姉妹、どうなったと思いますか?

 

 

 

驚いたことに、お姉ちゃんが(1)を一発で当てたのです!

しかも過程もそのままズバリ。これには、ビックリしました。

 

さすがに、(2)(3)は苦戦しました。

でも、間違え方にも、スジのよさを感じました。

 

 

実はこの姉妹さんには、高校生のお兄ちゃんがいて、

(1)ができたときに、

「これ、高校1年生の問題だぞ」

と言ったら、姉妹さん

「お兄ちゃんに出してみる」

ですって(笑)

 

「それなら、Aを『バスケの本』、Bを『野球の本』のように

置き換えたほうがいいよ」

とアドバイスしましたが…

そのままA、Bで出したかもしれません(笑)

 

 

お兄ちゃん、

妹達に余計な入れ知恵して

スミマセン m(_ _)m

 

(罪滅ぼしに、このブログの最後に、

答えを入れておきましたので、ご覧くださいね ^^ )

 

 

 

でも、小学生が高校生の問題を解く、なんて、

大それたこと、と思うかもしれませんが、

先入観なく問題を捉える小学生のほうが、

意外に、サラッと解いたりするんです。

 

高校生くらいになると、公式などに囚われすぎて、

難しく考え過ぎたりして解けない、なんてことがあるんです。

 

こういう能力は、将棋やチェス、オセロなどの

盤面全体を見て、形勢判断などをする「大局観」に通じます。

20150827_081624522_iOS

教室にもあるblokus(ブロックス)も

まさしく「大局観」を養うのに適したボードゲームなんです。

 

勉強に関係ないじゃん、と思われるかもしれませんが、

大アリです。

 

例えば、関数や図形の問題。

苦手な子は、たいていグラフや図を書きません。

 

なぜ書かなければいけないのか?意味がわからない、

そう捉えているケースが多いのです。

 

関数や図形の問題では、

文章だけでは状況が分かりづらいので、

視覚的に、図示したり、グラフを書いたりして、

全体として捉えようとします。

 

これがまさに「大局観」なのです。

難しい関数や図形の問題では、必要な技術なんです。

 

図やグラフを書こうとしないのは、

全体で捉えようとする「大局観」が

育まれていない可能性があるのです。

 

数学は「やり方の暗記」の側面もありますが、

こういった「大局観」=「大きく捉える」ことを意識しないと、

なかなか伸びにくいのです。

 

逆に「大きく捉える」ことで、

「はっ、見えた」という経験ができたなら、シメたものです(笑)

数学が楽しくなってきます。

 

塾長自身、こうして数学が楽しくなり、伸びていったので、

生徒さんが、そういった経験をできればな、と思っています。

 

無料体験学習も随時受け付けていますので、

お気軽にお問合せくださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

おかげさまで、生徒さんも増えてきましたので、

中学3年生は、8月で募集を打ち切ります。

中学2年生以下、小学生、そして高校1,2年生の無料体験、お待ちしていますよ。

 

それから、新潟県統一模試会から、

昨年度の追跡資料も届きました。

Evernote Camera Roll 20160829 160013 (3)

昨年度の新潟県統一模試での平均偏差値と、

高校合否の度数分布がひと目で分かる資料です。

 

新潟県統一模試はこれから受検者が増えていきます。

Evernote Camera Roll 20160830 002646

進路を迷っている場合は、

10月、あるいは11月の模試で

今の実力を試してみてくださいね。

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S. その1

金曜日(4日前)の歩数 12,791歩

Evernote Camera Roll 20160830 162422 (3)

土曜日(3日前)の歩数 15,395歩

Evernote Camera Roll 20160830 162422 (2)

日曜日(2日前)の歩数 17,057歩

Evernote Camera Roll 20160830 162422 (1)

昨日(1日前)の歩数 13,241歩

Evernote Camera Roll 20160830 162422

 

P.S. その2

【問題】の答え

(1)52人

(2)8人

(3)12人