こんにちは! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20160928 135822

昨日は、晩秋の数検、漢熟検のお申込をいただきました。

Evernote Camera Roll 20160928 141531

漢熟検(漢字習熟度検定)では「ペア受検」特典を利用し、

Evernote Camera Roll 20160909 211906

 

母娘さんと、兄妹さん、

2組のペアから、

既に「ペア受検」のお申込をいただいています。

 

申込締切は10月下旬ですが、

早めに対策していくのがオススメです。

 

 

 

さて、一昨日の『日経ビジネス』のネット記事で、

興味深い内容の記事がありました。

 

このタイトルをみて、どう思われますか?

先生が「教えない」ほうが学力は伸びる?

 

ホント?

不思議に思われるかもしれません。

 

 

 

 

先に、自分の感想から書きましょう。

ワタクシ、この記事に大変共感しました。

そして、こんな学校があるんだ! と正直驚いたのです。

 

実は、塾長の土田自身も、教室内で生徒さんに教える時、

できるだけ「教えすぎない」ように心がけているんです。

 

同じ学年の子がたくさんいる「学校」という空間と、

さまざまな学年の子がいる「個別指導学習塾」という空間では、

条件が違うので、多少手法は異なってきます。

 

例えば、小学生が宿題でわからないところがあったとき、

ちょっと上の小学生、あるいは中学生が“先生”となって、

教えてくれることがあります。

 

適当な生徒さんがいなかったりすれば、

もちろん私が教えます。

こんな風に(笑)

Evernote Camera Roll 20160928 135821 (1)

また、中学生同志の仲良しグループでいる場合、

けっこう勉強を教え合っているケースがあります。

 

このような時、聞き耳を立てつつ放っておきます。

ヘルプの要請が来た時は、私が手を差し伸べますが。

 

生徒さんに教える時も、一方的に教える、という手法はとりません。

 

計算の途中過程にある、もう少し簡単な計算があると、

それを別立てで切り出してみて、

Evernote Camera Roll 20160928 135821

「この計算は?」という“小問”を出してみて、

その反応を見ながら教えていくのです。

 

そうすることで、生徒さんの理解度も把握できますし、

まったく手付かずだった生徒さんであっても、

自分でできそうな感覚を掴んでいくのです。

 

あとは、自分で他の問題にもチャレンジしてみて、

自分でできるようになるまで、繰り返します。

 

パソコン教材の本領は、

この「繰り返し演習」のところで、

存分に発揮されます。

 

そうやって、「自立」して勉強できるようになるのです。

 

逆に、ベッタリ教えてしまうと、

生徒さんが私に「依存」してしまうようになります。

それでは、(私がいない)試験などで、

力を発揮できなくなります。

 

もちろん、教えるべき時は教えますが、

「教えすぎない」ことも意識しています。

 

そういう意味で、日経ビジネスの記事は、

すごく共感できる文章でした。

 

「教育」を考える上で、とても参考になりますので、

ぜひ一読してみてくださいね。

 

ちなみに、文中に出てくる都立両国高校、

東京の下町界隈では有名な都立高校で、

芥川龍之介さんや石田衣良さん、

山崎製パンやキューピーの社長、

めざましテレビで長年活躍していた大塚アナウンサーや

ドラフト会議の名調子で有名なパンチョ伊東さん、など、

各界に多くの人財を輩出している名門校です。

 

たまたま、大学の学科、研究室まで同じで、

都立両国高校出身の男がいたので、

ちょっとだけ知っていました。

 

今日も張り切っていきます。