こんにちは! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20161021 142017

いい天気になりましたね。

Evernote Camera Roll 20161021 103844 (1)

ホワイトボードには、こんなイラストが貼ってありました。

イラスト、何か久しぶりですね、紹介するのが(笑)

 

さて、昨日、入塾手続きをいただきました中学生さん、

電話では特に仰ってなかったのですが、

この前の無料体験学習の際に伺ったら、

夏から通ってる生徒さんのご紹介だったので、

Evernote Camera Roll 20161021 103845 (1)

久しぶりに図書カードをご用意しました。

Evernote Camera Roll 20161021 142016

 

 

ついでに、新幹線の切符も(笑)

Evernote Camera Roll 20161021 142016 (1)

塾内では以前から“予告”していたのですが、

来週27日(木)は、

塾長が東京での研修のため、お休みさせていただくのです。

Evernote Camera Roll 20161021 103846 (1)

もちろん、いつものように振り替え対応もいたします。

 

先ほど掃除をしながら、準備していた時、

今日21日のほめくり修造カレンダーは…

Evernote Camera Roll 20161021 152531

「Why? よりも How?」

でした。

「ほめくり修造」のなかでも好きな言葉の一つです。

松岡修造さんの実例も書いてありますが、

コレ、心がけたほうがいいんです。

 

何かうまくいかなかった、

勉強で言えば、点数が伸びなかった、そんな時に、

「Why?」(なぜ?)と考えがちになるんです。

 

でも「Why?」だけを突き詰めていくと、

どうしても「自分ができなかったこと」に焦点が当たり、

自責の念ばかり強くなり、

意欲が落ちたりしてしまいます。

責任感が強いお子さんほど陥る可能性が強くなります。

 

なかなか結果が出ていないと、

「原因」いいかえれば「過去」に目が向いてしまい、

どうしても思考が「後ろ向き」になりがちになります。

 

そんな苦しい時にこそ、

「How?」(どうやって)を考えるようにするのです。

 

勉強で言えば、どのようなやり方、どんな取り組み方をするのか?

どうやったら点数が良くなるだろう?

を考えていく、挙げていくようにするのです。

 

「手段」「未来」に目が向き、

結果として、思考が「前向き」になっていきます。

 

検定や定期テストに向けて、

勉強の計画を立ててみる、というのも

「How?」のオススメ行動ですよ。

 

「やり方」がわからない場合は、塾長へ(笑)

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

 

さてさて、ある小学生の親御さんがお迎えにいらした際、

「明日、豊田小学校、早帰りですよね」

と言われ、

「そんな話聞いてないなぁ…」

と思って、帰ってから予定表を確認したら…

Evernote Camera Roll 20161021 103846

今日午後、来年の新1年生の就学前健診があるようで、

来年最上級生になる(息子の)5年生だけはお手伝いで残り、

他の学年は、1時過ぎに下校、ということのようです。

 

もうそんな時季、なんですね ^^

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 14,774歩

Evernote Camera Roll 20161021 145925 (2)

水曜日(2日前)の歩数 11,138歩

Evernote Camera Roll 20161021 145925 (1)

昨日(3日前)の歩数 13,434歩

Evernote Camera Roll 20161021 145926 (1)