こんにちは! 塾長の土田です。

福島江のさくらも咲き始めましたね~♪

お昼前に通ったのですが、

すでに、両側の通り沿いを

時々立ち止まりながら見物する方々や、

先生に連れられた幼稚園児ちゃん達がたくさんいました。

 

 

 

さて、ずっと中学1年生、2年生の

無料体験学習、入塾が続いていましたが、

今日は久しぶりに、高校3年生です。

 

お電話いただいた親御さんからのお話では、

「センター試験の数学対策」

ということでした。

「センター試験対策」と言っても、

志望する大学によって、

その位置づけはだいぶ変わってきます。

 

例えば、塾長の場合だと、

一次と二次の点数比率が、240:700(当時)だったので、

センター試験は、足切り(二段階選抜)さえ乗り越えれば、

あとは「二次試験勝負」でした。

なので、「センター試験対策」と言っても、

社会(倫理・政治経済)を少しやって、

あとは、マークミスをなくす対策をやる程度でした。

 

また、新潟大学などの国公立大学の場合は、

一次と二次の点数比率が、1:1、あるいはそれに近い比率なので、

どの教科においても、

シッカリと点数を稼ぐ対策をする必要があります。

 

もちろん、二次試験の受験科目にもよっても、

重点の置き方も変わってきます。

 

その高校生さんは、文系と仰っていたので、

「英国社」「英国数」「英国」あたりが代表的でしょうが、

二次試験の受験科目によって、

数学にかける比重は変わってきます。

 

それらは、本人さんのお話を伺ったり、

実際に、どれくらい習熟しているのか?

を確認してから、になるでしょう。

 

さらに、部活などをやっている場合は、

その引退時期なども考慮して、

学習計画を組む必要があります。

 

ひと口に

「センター試験対策で、数学」

と言っても、

本人さんに伺ってみて、

はじめて具体的な学習計画を提案できるのです。

 

 

大学受験生の場合は、

内容も難しくなる上に、範囲も広い上に、

 

限られた時間のなかで、

より綿密な学習計画を策定する必要がありますし、

より効率的な学習をする必要があります。

 

長岡松陰塾金房校の高校生コースでは、

最先端の映像教材で、

ふだんの授業の補習、定期テスト対策から、受験対策まで、

濃密にシッカリとやっていきます。

各講座の第一講は、無料で視聴できます こちらから御覧くださいね。

詳しくは、塾長・土田までお問合せください。

電話:0258-89-8029

 

今日も張り切っていきます。

 

 

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 12,692歩

水曜日(2日前)の歩数 12,840歩

昨日(1日前)の歩数 12,084歩