こんにちは! 塾長の土田です。

速読(脳力開発)講座用の資料を作成しています。

この前の週末に行われた、

大学入試センター試験の国語の文字数が、23,600文字。

原稿用紙にすると約59枚と、結構な分量です。

 

読書スピードが、1分間に、

500文字、800文字、1,200文字

の3パターンで、どのような時間配分になるか?

を示したものです。

 

試験中は、問題を「読む」時間と

「解く」時間に分けることができます。

 

だいたい「解く」時間は、

試験時間全体の60%、と言われています。

センター試験の「国語」は試験時間80分ですので、

「解く」ための時間は、80分✕60%=48分です。

 

そう見ていくと、500文字/分では、

全く間に合わないことがわかると思います。

800文字/分でやっと間に合いますが、

文章を一回読んだだけですので、

心許ないと感じる生徒さんが多い。

 

表では1,200文字/分を出しましたが、

問題文を2回は読みたい、と考えるなら、

23,600文字✕2回÷32分=1,475文字/分

と、だいたい1,500文字/分が必要です。

 

…と言っても、

「自分の読書速度がわからないんだけど…」

という生徒さんのために、

読書速度ハカルくんがあります。

どなたでも手軽に計測できるので、

一度測ってみてくださいね。

 

大学入試レベルになると、英語速読も大事なのですが、

その前に「前提」としては、

「国語(日本語)」の「速読」

がシッカリとできることである、と考えています。

 

日本語に慣れ親しんでいる多くのお子さんにとって、

まず「日本語」で「速読」をできることが

英語を含めた、すべての科目にも効果的だからです。

 

また、日本語の「速読」をマスターできれば、

眼球のトレーニング等、共通する部分は多いので、

「英語速読」にも応用しやすくなります。

 

もちろん、文の構造や、表意文字・表音文字の違いなど、

日本語と英語の、本質的な違いはありますので、

その部分は修正、応用する必要はありますが、

眼球の動きなど、大部分は、

日本語での「速読」を応用できます。

 

ぜひハカルくんで読書速度を測ってみて、

その上で、受験対策を考えてみてくださいね。

 

今日も張り切っていきます。