おはようございます! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20160722 125511 (1)

昨日で、漢熟検(漢字習熟度検定)の平日受検が終了しました。

次回は11月27日(日)ですので、

いまからしっかりと勉強していきましょうね(笑)

 

それから、とうとう出ました!

初めての「5,000コイン」到達者です。

Evernote Camera Roll 20160722 130325

パソコン教材での学習をシッカリと進めていくと、

達成したご褒美で、教材内に「コイン」が貯まります。

Evernote Camera Roll 20160722 125510 (2)

そのコインを「交換」できるのです。

教室内にも貼ってありますが、

今までは「あめちゃん」や「1000円図書カード」には

何度か交換してきたのですが、

初めて「3,000円図書カード」に到達した生徒さんが出ました!

Evernote Camera Roll 20160722 125510

今回はピーターラビットです。(たまたまです)

来週末に学校行事があるので、その前に(受け取りたい)、

というリクエストがありましたので、

Evernote Camera Roll 20160722 125510 (1)

急いで調達してきました ^^;;

 

さて、先週手配したのですが、

今週、福岡にちゃんと届いたようです ^^

福岡の本部では、全国の認定校の先生が研修で訪れ、

その時の昼食は、その場で作ったりして食べておられるので、

新潟県内では有名な「手まりうどん」にしてみました。

 

実は「手まりうどん」の製造元は、

塾長・土田の、高校同期なのです。

彼は高校時代、生徒会長をしていました。

 

ちなみに、その頃、塾長はいち生徒、でした(笑)

 

さて、昨日のブログをご覧いただいた方から

「自由にさせたら、なおさら勉強しなくなるんじゃないか?」

という疑問をいただきました。

 

確かにそう思われる気持ちはよくわかります。

 

しかし、「自由」には「責任」が伴います。

 

学校の勉強もできる、そのうえで自由に、

というなら話はわかるだろうと思いますが、

成績が伴っていない、でも自由に、

というのは、今は良かったとしても、

将来どこかの段階で苦労するだろうということは

想像に難くないでしょう。

 

そういったことを噛み砕いて、

お子さんにわかるように説明し、実行に移せるようにする。

 

それが、そのお子さんに関わる大人の責任だと思うのです。

 

もちろん、親御さんだけの責任、というつもりはありません。

こと、勉強に関しては、塾長である私にも責任があります。

 

その際に、私は、普通の大人とは違う手法を用います。

「教育コーチング」という手法です。

 

通常では、大人が子供に教える、

英語で言えば、ティーチング(Teaching)をするのです。

 

私の場合は、もちろんティーチングをする場面もありますが、

どちらかというと、コーチング(Coaching)を主にしているのです。

 

「coach」という言葉は、もともと「馬車」のことを表していて、

初めて馬車が用いられたハンガリーの村Kocsが語源です。

 

つまり、「お客さんを、目的地に運ぶ」のが「coach」なのです。

 

決して、指導する、というのが本来の意味ではないのです。

 

もちろん、お客さん(=お子さん)を

目的地(=夢、なりたい職業、志望校、など)に運ぶ際に、

さまざまな手法があります。

 

その手法を「プロ野球」の現場でも

実践していた方がいました。

 

入来祐作さん。

福岡ソフトバンクホークス 二軍投手コーチです。

20160722入来04

野球好きな方なら、ご存知でしょう。

巨人でエース格だったこともあるピッチャーでした。

 

そんな入来投手が、現役時代の“成功体験”を捨てて、

若手を指導する立場で用いてるのがコーチング手法だったのです。

20160722入来01

(インタビュアーが元同僚の高橋尚成さんでした)

 

入来さんは現役時代、華やかな活躍をしていました。

でもコーチの立場としては、

「何でできないの?」と思うことはあっても、

指導する選手たちには、絶対に言ってはいけない。

20160722入来02

(お子さんへの教育にも同じことがいえます)

自分には「自分の歩幅」があるから、

20160722入来05

その歩幅で、自分の感覚で歩く。

20160722入来06

それぞれの選手(お子さん)には、それぞれ感性があり、

それぞれに思うことがあるから、

20160722入来07

 

そこをまず引き出してあげて、

20160722入来08

 

一緒になって頑張っていく。

20160722入来09

入来さんの言葉を借りれば、

「それぞれの選手たちに寄り添う」

20160722入来03

私の立場であれば

「それぞれのお子さんに寄り添う」

ことが大事なのです。

 

春に放映された番組のようなのですが、

プロ野球のドキュメンタリー番組としても心に残るし、

指導する立場としても大変参考になる番組でした。

 

動画として上がっていたので、紹介しておきます。

野球に興味がある方なら、全編楽しめると思います。

現役時代は入来さんのファンでもありませんでしたが、

今は、コーチとして応援したいですから。

 

野球に興味がなくても、

「コーチング」ということに興味があるなら、

上の動画の、次の時間帯だけでも見ていただければ、と思います。

 

9:51~11:18

14:50~15:30

29:16~29:35

 

塾の中では、塾長である私がコーチングしています。

 

家庭内でも「コーチング」手法を取り入れてみると、

親子関係が変わる、かもしれませんよ。

 

今日が夏休み前最後の登校、の学校も多いので、

いつも通り、張り切っていきます。

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 10,984歩

Evernote Camera Roll 20160722 125511 (5)

水曜日(2日前)の歩数 18,715歩

Evernote Camera Roll 20160722 125511 (4)

昨日(1日前)の歩数 10,252歩

Evernote Camera Roll 20160722 125511 (3)