こんにちは! 塾長の土田です。

evernote-camera-roll-20161130-190520

今朝は、このお宅の近くに用事があって、

ついでに、ですが、久しぶりに寄りました。

 

意外にわかりにくいかもしれませんね(笑)

この方のお宅です。

evernote-camera-roll-20161130-190521

そう、山本五十六元帥の生家です。

場所は、山本記念公園です。

 

さて、定期テストも終わり、

秋の保護者会を随時実施しています。

 

先週、面談の日程決めに塾にいらしたときに、

生徒さん本人がテストの成績が下がり、落ち込んでる、

と言っていた親御さんと、今日午後面談しました。

 

面談の折に、答案も見せてもらいました。

 

もちろん、理解が不十分で誤答になってしまった問題もありますが、

こんなに難しいのを、中学生の定期テストで出すか?

と思ってしまった問題もありました。

 

塾が始まってから、試しに

他の中学の、同学年の生徒さんふたりに、出してみましたが、

ふたりとも解けませんでした。

 

定期テストは、どうしても「点数」が出てしまうので、

それの上下だけで判断しがちです。

 

しかし、この前のブログで書いたとおり、

「点数」という結果だけでは判断しません。

 

実際に、中身を精査してみると、

この時期の中学生にはかなり難問だな…

と思えるような問題も含まれている場合があります。

今日面談の生徒さんにもあったようなことです。

 

逆に、基礎的な問題での誤答や

白紙回答をしている場合もあります。

 

 

 

期間が長い既塾生などは、

点数の推移も参考にはします。

 

ただ、実際に指導する場合には、

直近の定期テストの問題と答案があると、

どんな傾向の誤答があるのか?

どこまでの理解度なのか?

あるいは、問題のレベルが高いすぎるのか?

ということを分析した上で、

勉強する教科、単元などを計画するなど、

日々の指導に活かしています。

 

前の学年の履修範囲の理解が足りない、

あるいは、苦手な科目がある、という場合には、

これからの時期、あるいは冬期講習など、

まとまった時間が取れる時に、集中的にやります。

 

 

 

 

小学生のときは、テストの点数も悪くなかったのに、

中学生になってから、すごく落ちた…

と悩まれるケース、よく伺います。

 

よくあるのは…

 

小学生の履修範囲に“弱点”があり、

小学生の時は、テストが易しくて、“弱点”が見えなかったものの、

中学になって、テストの範囲も広くなり、難しくなって、

小学校時の“弱点”を克服せず、

学校の授業にもついていけずに、

結果的に、成績が落ち続ける…

…というケースです。

 

学校の定期テスト結果は、

高校入試の際に点数化される内申書(調査書)にも

影響してくるため、

中学1年生ならまだ挽回は可能、

ただ、中学2年生だと、相当な覚悟が必要になってきます。

 

で、中学3年生になって、

「1、2年の時に、もっとやっておけばよかった」

となるわけです。

 

ですから、中学生はもちろん、

小学生のうちから、

シッカリと理解しているかどうか?

を見守り続ける必要があるのです。

 

 

そんなことを諸々、ブログにも書いているせいか、

最近では、無料体験学習のときに

中学生の親御さんが直近の定期テストの答案であったり、

前の学年の通知表を持ってきてくださることが増えました。

 

特に前の学年の通知表などには、

定期テストの点数はもちろんのこと、

各科目の平均点や、度数分布なども併記してあるので、

大まかに、そのテストの難度を推し量れるので、

とても助かる資料です。

 

そして、その生徒さんの情報があればあるほど、

指導の“質”を上げることが可能になります。

 

もちろんこれらは個人情報なので、

その生徒さんの学習指導、成績向上の目的にのみ使用しています。

 

冬期講習の受付も始まっています。

Evernote Camera Roll 20161112 112014

無料体験学習のご予約も承っております。

その際に、数・英(小学生、中1は算・国)の弱点診断もできます。

終わってからすぐに、弱点診断の“カルテ”も出しますので、

どこに弱点があるのか? すぐにわかりますよ。

 

もちろん、この弱点診断の結果も、

その後の指導に反映させていきます。

 

長岡松陰塾金房校で、

繰り返し学習して、

学力もアップ、成績もアップさせて、

ついでに…

evernote-camera-roll-20161130-190522

「図書カード」もゲット! しましょうね(笑)

 

中3から入塾してくれた生徒さん、

半年ほどでの「実績」です。

 

今日も張り切っていきます。