こんにちは! 塾長の土田です。

この三連休、いかがお過ごしでしたか?

この連休中は、新潟市の「みどりと森の運動公園」に行き、

塾の生徒さんの応援に行ったり、

家族で、越後丘陵公園に行ったりしました。

コスモスが満開で、見頃でしたね。

さて、先週は中学1,2年生が新人大会だったため、

中学生は少なめでしたが、

 

受験生と高校生が多めでした。

数学で、総和を表す Σ(シグマ)を習ったばかりのようで、

具体的な例を出しながら、解説しました。

 

高校生の数学になると、

「いかに、途中過程の計算で “手を抜く”か?」

も重要な課題になります。

 

例えば、上の例では、n とか、(n+1)などが、

共通項になってくるので、予めくくって、

別の項を寄せ集めて計算する方がラクなのです。

 

これは、テクニックでも何でもなくて、

中学校でも習う、かけ算の「分配法則」を

逆に使っているだけ、なのです。

 

しかし、高校生でも、そのことに気づかずに、

個々の多次式を展開して、次数毎に足し算する、

というのも、間違いではないのですが、

手数もかかるし、時間もかかります。

 

高校になると、

試験時間が限られているのに、

内容が難しくなっているので、

こういったような

理に適った「計算の“手抜き”」はとても重要です。

 

 

 

そして、こんなかわいい“生徒さん”も(笑)

ひらがなを書いてもらった後、

塾長も、こんな感じに、

“変身”させられました(笑)

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

金曜日(4日前)の歩数 7,980歩

土曜日(3日前)の歩数 17,931歩

日曜日(2日前)の歩数 17,923歩

昨日(1日前)の歩数 14,901歩