こんにちは! 塾長の土田です。

昨日の高校野球は、熱かったですね~♪

授業が終わってからも、

ネット中継でちょっとだけ見れましたからね。

 

その後で、LINEを見たら、

中学同級生グループが、大盛り上がりしてまして(笑)

 

長岡工業OBの同級生が、現地エコスタにいたらしく、

“スコア中継”のログが残っていて、

中越OBの同級生は、

第三試合で既に勝っていたので、大喜び(笑)

 

まぁ、後で試合経過見たら、

現地は、見ごたえあった、と思いますよ。

工業関係者には、残念な結果でしたが…。

 

さて、昨日来た中学生さんが、

うれしい報告を

持って来てくれました。

 

基礎学力テストという、

ある程度限られた範囲のテストですが、

「満点」には違いありません。

 

でも、この生徒さんが塾に通ってくれてから、

見たことのない点数でした。

 

お父さん、お母さん、妹ちゃんも、

ビックリしていたそうです(笑)

 

この生徒さんの昨年のように、

中学生のお子さんは、

小学生とのギャップに苦しむことが少なくありません。

 

小学校のテストと、中学校の定期テストの

難しくなっている出題や、範囲の広範さに

戸惑ってしまうのです。

 

そして、周囲は、

どうしても中学校は、調査書(内申点)を考えると、

定期テストの結果を注視しがちになります。

 

その定期テストで、結果が出てないと、

本人さんも、周りも、

どうしても気持ちも沈みがちになります。

 

そんな時こそ、範囲の狭いテストでの好結果を

褒めてあげて欲しい、と思います。

 

基礎学力テストとか、Webテストとか、

名称はさまざまですが、

こういった範囲の狭いテストでの好結果が積み重なって、

定期テストの好結果、に繋がってきます。

 

 

実は、先に出した生徒さん、

今回の基礎学テストの範囲を、

「通い放題」コースで、

毎日のように問題演習していたんです。

 

 

「千里の道も一歩から」

 

いきなり大きな成果を求めるのではなく、

小さなところでも結果を出す、

そして、

それを続けられるようにしていけば、

必ず、大きな成果に結びつくのです。

 

教室のほうで続いていた、

漢熟検(漢字習熟度検定)の平日受検も

昨日のふたりの受検でラストでした。

結果は、長岡まつり明け頃には届くと思います。

 

今日は、18時までです。

息子の子供会関連の役員会で、

鍵当番になっているため、です。

あと、10月あたりに2回、こんな時があります。

 

来週からは夏期講習

今日で学校が終わり、24日は夏休み、というところもあれば、

火曜日25日まで学校、というところもあり、

24日、25日は、塾長にとって、長い一日になりそうです(汗)

 

ともあれ、明日はロボット教室もあります。

今日になって、急遽、無料体験のご要望がありました。

明日も賑やかになりそうです。

 

今日も、明日も、張り切っていきます。

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 12,310歩

水曜日(2日前)の歩数 14,135歩

昨日(1日前)の歩数 7,177歩