おはようございます! 塾長の土田です。

 

昨日は東口まで行ってきて、

20151117_061152141_iOS

銀杏を見てきたわけではなく(写真は撮りましたけどね)

「高級雑貨店 ダイソウ商店」(笑)に行ってきました。

生徒さんにはいっつもこう言っています ^^

 

中学生の生徒さんが

クリスマス飾りと一緒においてくれた消臭剤が、

20151114_040712240_iOS

ほんの2、3日で、あまりにも小さくなってしまい、

消臭剤の減りも早くてビックリ ^^;;

20151118_013735880_iOS

なので、それを抑えるために、

透明のビー玉を買ってきました。

色合いも考えて、こんな感じに。

20151118_013850638_iOS

これで形になったかな、と思います。

20151118_014823292_iOS

 

そして、早い時間から小学生ふたりとお勉強。

20151117_070258867_iOS

1年生くんの宿題が、今までに比べて、

急にページ数が増えて、ビックリしました。

 

急に学校の宿題や課題が増えたりするのは、

年間を通して何回かありますので、

塾での教材学習とのバランスを調整しながら進めています。

 

 

もう少し長い期間、小中学校の9年間の義務教育の中で、

子どもさんが、一番戸惑いを覚えるのは、

「小学校から中学校へ上がった時」が一番大きいようです。

 

それまでの小学校では進みもほどほどで、

宿題も数十分でこなせるほどだったのに、

中学に上がったら、急に授業も難しくなり、

宿題、課題の量も増えて、こなし切れなくなる子が出てきます。

 

しかも進んだ中学校によっては、

友達関係も急に変わるし、部活も忙しくなるし、

さらに定期テストでは、成績もシビアにハッキリと出てきます。

いじめに遭ったり、不登校になるケースもあり、

年代的にも、接するのが難しい年頃になってきます。

 

そんな環境の変化のなかで、一番厄介なのは

「自分自身に“レッテルを貼る”」

お子さんが出てくることです。

 

友達、両親、先生、親戚、…はたまた自分自身が、

「計算が苦手だから」「漢字ができない」

「性格が暗いから」「バカだから」

と“レッテルを貼る”と、それを剥がすのに時間がかかります。

特に、自分自身が貼る“レッテル”は深刻になるケースもあります。

(このテーマは、また別の機会に書きます)

 

塾にはたくさんの中学生が勉強しに来てくれていますが、

「もう少し早くから塾に通っていれば、

生徒さんに負荷をかけない、別のやり方もできた」

と思うこともあります。

そもそも開校したのが、今年の春なので、

時間的に無理な話であったのですが。

 

そうやって逆算していくと、

“中学生になる”準備は、小学校6年生から、

というより、小学校3~5年生くらいの、

早い段階から、徐々に進めていく形が理想的です。

 

幼稚園~小学校1、2年生くらいからだと、

“遊び”のなかに“学び”を入れやすいので、

例えば、夏休みの頃にたくさん登場した、

20150827_081624522_iOS

ブロックス(blokus)などを入れてみることもできます。

決められたルールのなかで遊びながら「図形」に親しむ、

空間認識能力を高められる、絶好の“教材”です。

(塾長への“挑戦”もお待ちしております、笑)

 

もちろん、長岡松陰塾金房校では、

高校入試、大学受験に向けた指導も充実させていきます。

並行して、幼稚園~小学校中学年の“ゼロ歳代”教育も

いっそう充実させていきます。

 

学校の宿題と学力の問題など、

親御さんのお悩みは、共通する部分も数多くあります。

お子さまの教育についてお困りのことがあれば、

ぜひお気軽にご相談ください。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

昨日、小学生ふたりと、勉強が終わってから…

20151117_080457112_iOS

ちょっと遅めの“ハロウィン”おかしパーティー、でした ^^

 

今日も張り切っていきます。