こんにちは! 塾長の土田です。

残り、あと11日。

中1、中2生も、この日(公立高校入試の3/7)に

確認テストを実施する中学校がいくつかあるので、

いい目安にはなっているようです(笑)

定期テストが近いから、確認テストが近いから、

で、その時だけ勉強していると、

本人的には効率がいい、と思うようですが、

実際には身に付いていないケースがほとんどです。

毎日、継続的に勉強している中で、

小テストがあるから、集中して、

定期テストがあるから、範囲を絞って、

ということが生きるわけです。

今まで積み残している部分を

確認テスト前にやれば、

それが“確認テスト対策”になるんです。

高校受験も全く一緒の考え方です。

ふだんからやっていて、

模試やテストで、

自分の足りなかったところが明確になるから、

今の時期に、例えば

「関数の総合問題のところをやろう」とか

「もう少しリスニングをやっておこう」とか

になるのです。

中1、中2は、受験から換算すれば、

受験に向けての「予行練習」の時期、です。

昨日は、受験生が勉強する中で、

中学校が異なる中学1年生が何人か一緒になったので、

社会の歴史の一問一答をワイワイとやりながら(笑)

空間図形の単元で、ねじれの位置などを説明しながら、

今まで受けた定期テストの“使い方”や、

成績の見方、捉え方、

なかなか覚えられない単元を どうやって覚えるか?

など、それぞれの生徒さんの事例や質問に合わせて、

具体的に指導しました。

勉強する上での「NGワード」を

普段から連発する生徒さんがいるので、

その子には、直接指摘して、

「こういう言い方、捉え方をしたほうがいい」

ということも言いました。

成績が落ち続けていたり、

なかなか伸び悩んでいたりすると、

お友達であったり、親御さんであったり、

あるいは、自分自身から無意識に、

「NGワード」が出ることが多々あります。

そういった何気ない言葉の数々が、

結果的に伸び悩む原因を

作っていたりするのです。

成績的になかなか思い通りに

いかないこともあるでしょう。

でも、そんなときにこそ、

周りも自分自身も「NGワード」ではなく、

励ましや力づけになる言葉をかける必要があるのです。

言葉自体は、その生徒さんにより変わるので、

考え方、捉え方をお伝えします。

例えば、

数学で30点をとってしまった、

としましょう。

その時に、

「30点しか取れなかった」

と捉えるか、

「あと70点、点数を上げられる余地がある」

と捉えるか、

で、かける言葉が全然違ってくるんです。

そして、今回の30点を底にして、

少しづつ上げていければいいのです。

新年度、スタートダッシュを決めてもらいたいと思い、

春期講習の必修コースは無料にしますし、

3月入塾の特典も考えています。

お楽しみに。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

さて、明日は、ロボット教室もあります。

真ん中の白い紙は、ベーシックコースで使うコースター。

プライマリーコースも、まだ作成途中だったので、

(写真は、前回終了時のもの)

明日で完成します。

それとは別に、ロボット教室の無料体験授業

お申込みも3名いただいていますので、

賑やかになりそうで、楽しみです。

見本として、ロボティクス・プロフェッサーコースの

体験会用ロボットを作成してみました。

ロボット工学と、プログラミングの入口を実践できるので、

ロボット教室をしっかりやって、さらにそういう道を究めたい、

という生徒さん向けのコースです。

昨日、指導の合間に、ロボットは作ったのですが、

まだプログラムを入れてないので、実は動きません(笑)

それがロボット教室で作るロボットとの大きな違いですね。

何とか明日までに動かせるように、準備します。

そして、終わってからは、

受験生の勉強会もあります。

今日は、プレミアムフライデー、

…ですが、通常どおりです(笑)

今日も、明日も、明後日も、

張り切っていきます。

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 12,755歩

水曜日(2日前)の歩数 15,029歩

昨日(1日前)の歩数 8,925歩