こんにちは! 塾長の土田です。

今日から冬期講習です。

朝10時から、夕方5時までの長丁場です。

昨日から風が強く、

入口に掛けていたクリスマスの飾りも

風で飛んでしまうことが続いたので…

イーゼルの上に掛けてみました。

 

さて、受験生は総合力が問われる時期になりました。

学校でのテスト、統一模試などの結果から、

弱点単元、科目を補強する日々が続いています。

 

その中で、図形問題で、こんな図がありまして、

誘導の小問が続いた後での

「立体IJK-LCMNの体積を求めなさい。」

という問題でしたが、解答を見ても、

その生徒さん、この立体のイメージが湧かない、

というのです。

 

言葉で解説できないことはないのですが、

伝わりづらいかな、と思い、

教室の清掃で使っている、こんなものを使ってみました。

キューブ状のスポンジです(笑)

 

問題は直方体ですが、

立方体で代用して、作ってみました。

 

まず、三角すいC-BDGを作り、

三角すいB-IJKを切り取り、

さらに、三角すいD-ILNを切り取り、

最後に、三角すいG-KMNを切り取りました。

残ってできたのが、立体IJK-LCMNです。

体積を求めるのは、この過程のとおりに、

それぞれの体積を計算して、

大きな三角すいC-BDGの体積から、

小さな三角すい3つの体積合計、の差、になります。

 

タネ明かしすると、大したことなさそうですが、

解答を見ても、なかなか理解しにくい問題のようです。

実際、正答率も低かったようです。

 

 

ここで必要となるのが、

「空間認識能力」

です。

物体の位置、形状、大きさ、などを

すばやく判断、認識する能力のことです。

 

この問題の理解には、「立体感覚」

「空間認識能力」が欠かせないのです。

 

もちろん、この能力、社会でも必要となることは

お分かりいただけるでしょう。

 

高校受験でも、「空間認識能力」が必要となる、

「空間図形」の問題は、よく出題されます。

 

ただ、苦手にしている受験生が少ないくない、のも事実です。

その中には、成績が優秀な受験生も含まれたりしています。

 

鍛錬すれば身に付くのですが、

身に付けようとする生徒さん、親御さんが少ない、のも事実です。

重要性が認識されていないから、かもしれません。

 

しかし、高校受験、特に成績上位校の入試では、

こういうところで 「差」が付くのです。

 

計算などは、努力の仕方がわかりやすいのですが、

「図形問題」は、少し努力の方向性が違うのです。

 

小さい頃から、ブロックなどを触って、

組み立ててみる、積んでみる。

 

そういったところを端緒にして、

「空間認識能力」は育まれるのです。

 

昨年一年間指導してみて、

受験生でも「空間認識能力」が欠如しているために、

特に「空間図形」の問題に手を付けない、という生徒さんを目にしました。

 

特に、こういった能力は、早くから慣れたほうがより鍛えられるので、

長岡松陰塾金房校で、ロボット教室をやることにしたのです。

 

ブロックを積む、レゴなどを組み立てる、

という段階から、一歩、二歩先んじることが大事です。

 

ブロックやレゴなどは、自由気ままにやれますが、

それだけで立体感覚が養えるわけではありません。

“道しるべ”となるような教材が必要なのです。

 

最近では、特定のものを作れるレゴがあります。

そういえば、昨年の冬休み前に、

教室で作った生徒さんがいました ^^

 

説明書に沿えば作れるので、達成感は得られます。

反面、レゴの本来持っている、

ブロックの組み立てやすさ、自由さが失われているのです。

 

ロボット教室は、

月2回の授業で、ワンセットになっています。

 

1回目では、説明書どおりに組み立ててみる、

2回目では、作ったものを自分オリジナルに改造してみる。

で、終わったら、写真に撮って、

次回までにバラします。

そして、次の月は、全く別のものを作るのです。

 

明日もロボット教室を午前中、実施しています。

先に始めている生徒さんの様子もご覧いただけます。

体験授業のお申込はこちらからどうぞ。

 

 

さて、既に冬期講習も始まっていて、

朝から中学生が勉強をしに来ています。

今日も張り切っていきます。

 

 

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 12,043歩

水曜日(2日前)の歩数 12,019歩

昨日(1日前)の歩数 15,866歩