おはようございます! 塾長の土田です。

今日から「定期テスト勉強会」が始まります。

20151023_095410161_iOS

 

実は来週が定期テストの生徒さんは少数派なので、

少数精鋭でミッチリやろうかな、と思っていたのです。

 

ところが、再来週がテストの、南中、旭岡中の生徒さんからも、

「今週末に勉強したいけど、空いていますか?」

という問い合わせがあり、喜んで了解しました。

 

「喜んで」と書いたのは…

 

週末に塾に来ることを、

私が強制したわけではなく、

生徒さんが自主的に申し出て、

「勉強する」と決断したこと。

 

そのことを「喜んで」いるのです。

 

先生や親御さんに言われたから、勉強する、という

いわば「他者依存」の姿勢で勉強に臨むのと、

自分でココがわからない、時間が足りないから、勉強する、という、

「自立」あるいは「自律」して勉強に臨むのとでは、

同じ時間を勉強したとしても、全く効果が違います。

 

当然ながら後者のほうが、段違い、

いや「ケタが違う」と言ってもいいでしょう。

 

お子さんは勉強してる、と言ってるけど、思ったより成績が伸びない、

いろんな教育投資をしたけど、なかなか効果が出ない、

とお嘆きの親御さんも少なからずいらっしゃるはず。

 

実際にいろんなお子さんに接してみると、

「他者依存」で勉強しているお子さんは、

成績が伸び悩んだり、あるいは、

成績が上がっても長続きしないケースが多いです。

 

 

ですから、長岡松陰塾金房校では、

無料体験学習やその後の授業などでも

勉強の目的や「自立学習」の度合いを

しっかりと見守りながら、勉強を進めています。

 

 

それに、最初は「わかんない」ことを

口に出せない生徒さん、多いです。

 

成績が思うように伸びないお子さんは、

親御さんや学校の先生、私のような塾の先生などのオトナに、

「わからない」ことを伝えきれていないケースも見受けられます。

 

あるいは、「わからない」と言っているのに、

それにオトナが明確に答えていないことが積み重なり、

お子さんが聞かなくなるケースもあります。

 

 

そんなとき、長岡松陰塾金房校では、

私から声をかけて、

わからないところをはっきりさせた上で、解説していきます。

 

そんなことを繰り返していると、次第に、生徒さんの方から、

「この問題がわかんないんですけど…」

「この解説の、ココがわかんないんですけど…」

と、私を呼ぶようになります。

 

もうこの段階でも、大きな進歩です。

「わからない」ことを自覚した上で、協力を求めているのですから。

 

そんな形で、生徒さんの「わからない」に答えていくと、

次第に、生徒さんが、自らの“足”で走り出すようになります。

 

そうなったときの、生徒さんの吸収スピードは

まさに「ケタが違う」状態になりますので、

成績向上にも繋がっていきます。こんなふうに。

 

「自立学習」の度合いはあまり年齢に関係なくて、

小学生低学年でも「自立学習」できる生徒さんもいれば、

中学2,3年生でも自立学習できなかった生徒さんもいます。

 

長岡松陰塾金房校では、

勉強の目的や「自立学習」の度合いを

しっかりと見守りながら、授業を進めています。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

…大事なことなので、2度書きました ^^

無料体験学習や定期テスト勉強会の機会をぜひご利用ください。

今回の定期テスト勉強会期間中の、

就学前のお子さんや、小学生さんの体験学習も大歓迎ですよ。

20151106_053240044_iOS

久しぶりのワニ公園です。昨日の昼過ぎですね。

 

今日も張り切っていきます。

 

 

今日も張り切っていきます。