こんにちは! 塾長の土田です。

evernote-camera-roll-20161201-125104-2

今日から12月ですね。

「12月の予定」「受付中のお知らせ」も発信しています。

 

昨日は、ある親御さんから、

evernote-camera-roll-20161201-125104-3

あめちゃんの差し入れを

たくさんいただきました。

ありがとうございます m(_ _)m

 

 

 

さて、12月に入りましたので、

今日は最初に、11月月間のアクセスランキング、トップ5を出してみます。

 

第5位

ピコ太郎、ミニバス、大学入試改革から、「自立」して行動すること、を考える。

 

第5位(同数)

「高校入試」に向けて「過去問」はいつから始めたらいいか?

 

第3位

学校独自検査終了。今年も難問?!「筆答検査」A・Bをどう解く?

 

第3位(同数)

定期テストや模試の「結果」よりも、もっともっと大事なこと。

 

第2位

テスト勉強の「やり方」「進め方」が変われば、「結果」は変わる。

 

第1位

ワセダ現役合格し、“長高の七不思議”といわれた同期から学ぶ、「志望動機」の大切さ。

 

 

中学生も、高校生も、定期テストのある月だったので、

どうしても定期テストに絡めた話題が多かったなぁ、と思う反面、

今年の春の入試(3月)直後に出した学校独自検査終了。~

なぜかアクセスを集めている、というのは驚きでした。

 

そして、ワセダ現役合格し、“長高の七不思議”~が1位になったのは、

けっこう嬉しかったですね。

 

何故か?

 

真面目に一生懸命やるものの、

学校や模試の成績は良好だったものの、

「不合格」という結果が出ることがあります。

 

開校する前に

そういうお子さんを数多く見たり、聞いたりしてみると、

ひとつの疑問が浮かんできます。

 

「そのお子さんは、本当に(落ちた高校に)

絶対に行きたい、と思っていたのだろうか?」

と。

 

もちろん、口ではみんな、

「行きたい」と言います。

 

しかし、それには「行動」が伴っていないと、

なかなか結果が出ません。

 

どうしても「行きたい」と思うなら、

行ける方法を考えたり、相談したりするはずですし、

ココが足りない、やり方がわからない、と思えば、

親御さんなり、学校の先生なり、私のような立場の人間なり、

に聞いてみる、と思うのです。

 

で、「行動」を変える、ようになるのです。

 

でも、高校に落ちた子は、

学力が足りなかったことも含めて、

「心の底から(落ちた高校に)行きたいと思っていたのだろうか?」

と思うのです。

 

本当に行きたいと思えば、

行動が変わるのです。

 

 

実は、中学3年生は9月で受け付けを締め切ったのですが、

その直後に、既塾生のご紹介があったこともあって、

ひとり中3生を受け付けました。

 

今までの状況を聞き、第三者的に見ると、

本人の志望校からは、内申の点数は恐らく足りないし、

学校の先生もいい顔はしないだろう、と思いました。

 

しかし、その生徒さんは、

「どうしても高校に行きたい」

と目を爛々とさせて訴えるのです。

ただ、やり方がわからない、と。

 

最近の勉強を聞いていても、やる気は伺えたし、

その「行きたい」という気持ちを信じて、

受け入れることにしました。

 

 

 

今日、実はその親御さんと保護者会で面談したのです。

ほぼ2ヶ月ぶりでした。

 

10月当初は、志望校が2つあったものの、

いろいろ調べたりして、

今は1本に気持ちが固まっているようです。

 

そして、何より、家でも「勉強の姿勢」が変わった、

買ってあげた英語の単語帳も自分なりに作り込んでる、

と親御さんも喜んでおられました。

 

この前の定期テストでも、社会の先生から、

「答案の書き方が変わった」

と個人的に褒められたそうです。

 

もちろん私自身も、その生徒さんの勉強姿勢が

「高校に行きたい」という気持ちの面から

にじみ出ているのがわかるので、

静かに見守っています。

 

昨日は、後ろからそぉーっと覗いたら、

その生徒さんに、フッと振り向かれて、

「ココに写ってましたよ」

とiPadの画面を指さされましたけどね(笑)

 

本人さんが本当に「行きたい」と思い、

そして、塾長がシッカリとアシストして、

はじめて“春”が訪れる可能性が生まれるのです。

 

「行きたい」と心の底から思えば、

行動も、学力も、いくらでも変わります。

 

明日入試があったら厳しいかもしれませんが、

新潟県の公立高校入試まで「あと96日」

evernote-camera-roll-20161201-162703

(今日から取り付けました)

まだ“逆転”するための日数は残っているのです。

(私立だと日程がマチマチなのでこちらから。)

 

 

 

そういう意味で、

なぜ上の学校に行きたいのか? を書いた

ワセダ現役合格し、“長高の七不思議”~が1位になったのは、

塾長としても、

彼女の高校同期で、友人のひとりとしても、

嬉しかったのです。

 

たまたま先ほど面談した親御さんのお話を交え、

11月のアクセスランキング1位があの投稿だったので、

心の持ちようの面から書いてみました。

 

今日も張り切っていきます。