こんにちは! 塾長の土田です。

相変わらず雪が降り続いていますね…。

 

さて、公立高校入試まで、

「あと41日」となりました。

この段階になってくると、

「何をやったらいいか、わからない」

という生徒さんが時々出てきます。

 

で、意外に、成績上位校を目指す生徒さんが

こういう質問をしてくることが多いです。

実は昨日もそうでした。

 

そういう生徒さんには、

「過去問」での力試しと

今までの副教材、テスト、模試類の「総復習」

をお勧めします。

 

自分で勉強した、と思っていても、

本当に力が付いたかどうか、は、

実際に「テスト」してみないとわかりません。

 

その際に役立つのが、「過去問」です。

 

もちろん同じ問題が出るわけではないのですが、

今の自分の実力を測る上ではもってこいです。

 

ただ、どれくらいの点数が取れたか、が大事ではなく、

「弱点分野、正答率が低い単元を見つける」

のが目的です。

 

まだ、最後の新潟県統一模試も残っているので、

「総仕上げ」としてチャレンジするのもいいでしょう。

2月26日(月)頃、結果も戻ってくるので、

直前の復習にも間に合います。

申込締切は来週いっぱい、2月2日(金)です。

 

また、これまで中学3年間で受けたテスト類を

「総復習」してみて、

特に、その時に不正解だった問題を追いかけてみると、

自分の実力が上がっていることを実感し、

本当の意味での「自信」を得ることができる。

 

心理的にも不安定になりがちな受験生には、

自ら実感できる「自信」も、大事なのです。

 

 

…と書きましたが、これは一般的な場合。

 

今の生徒さんの状況、受験校によって、

アドバイスは変わってきます。

時間がホント切迫していますから。

 

今週末も定期テスト対策を実施します。

定期テストではない受験生の生徒さんも、

もし不明な点があれば、勉強していってくださいね。

 

今日も張り切っていきます。