おはようございます! 塾長の土田です。

いよいよ今日から10月ですね~♪

20150929_121806300_iOS

今日も日中はいい天気になりそうですね。

でも、今日は夕方にちょっと崩れて、

日付がかわる頃から明日の昼ころまでは雨予報なので、

準備していきたいと思います。

 

 

さて、昨日、幟の写真で悪戦苦闘していましたが、

まぁ、何とか、こんな感じで「漢熟検」の幟と…

20150930_001906873_iOS

 

「新潟県統一模試」の幟を撮ってみました。

20150930_071451097_iOS

11月の漢熟検のお知らせ」と

新潟県統一模試のお知らせ」で写真を差し替えてみました。

両方ともお申込を受付中ですので、

無料体験学習ともども塾長・土田までお気軽にお問合せください。

電話:0258-89-8029

 

それから発注していたモノも届きました。

20150929_110419980_iOS

「学力判定問題集」は公立高校入試過去問3年分と

26年度の統一模試5回分がセットになった問題集。

もちろんリスニング問題もCDで封入されています。

模試の過去問は志望校判定データもあるので、

今の実力を自宅採点で測ることもできます。

 

「筆答検査対策問題集」はこの春の筆答検査A、筆答検査Bの問題、

26年度の対策模試問題がセットになっています。

この辺だと、長岡高校、長岡大手高校、長岡向陵高校、

国際情報高校、小千谷高校を受験予定の生徒さんは、

筆答検査対策も早め早めに手を打っておいたほうがいいのですが、

(今年の筆答検査A実施校はこちら 筆答検査B実施校はこちら

実際問題、筆答検査対策となる参考書や問題集はないので、

この問題集は「筆答検査対策」の有力手段になることでしょう。

 

これらを含めた問題集の斡旋販売も実施します。

一般書店で買うより、消費税8%分お得な価格にする予定です。

週末に告知できるように準備します。

 

それから筆答検査A対策模試は、10月(申込受付終了)、12月、2月とありますが、

筆答検査B対策模試は実施されず、同じ時期に

志望校判定のない「筆答検査B対策問題」(1回分)が販売されることになりました。

これも別途で告知できるようにします。

 

 

秋になって、高校受験をかなり意識する時期になってきましたね。

とはいっても、長岡松陰塾金房校は、

受験生よりも非受験生の方が圧倒的に多いのが現実。

 

でも、受験までまだまだ、と思っていても、1年はあっという間。

今はまだ中学1年、2年だと思っていも、

すぐにその時期はやってきます。

 

今まで習ったことの“積み残し”がある中学生の生徒さんは、

定期テストのない、宿題も平常の、今の時期にこそ、

着実な足場固めをしておかないと、

3年生になってから、本当に焦ります。

 

3年生になったら、5教科すべてをやらなければいけませんが、

主要3教科である、国語、数学、英語は時間がかかります。

3年生になってからでも、1年生の範囲をやり直せますが、

かなりの時間と労力を割くことになるでしょう。

 

今も忙しいかもしれないけれど、少なくとも

主要3教科、国語、数学、英語は、

習った単元の“積み残し”がないように、

しっかりと「学力の足場固め」をしていけるように。

 

そして、少し余裕が出てきた教科は

「先取り」(予習)をしていけるように。

 

そんなことを念頭に置いて、

中学2年生以下の生徒さんには指導しています。

中2までに漢熟検3級」と以前書いているのも、

受験から逆算すると、中3で漢字に割ける時間はなくなってくるから、

中2までに… ということが大きいのです。

 

個々の生徒さんによって、課題は全然違うので、

勉強していることも、同じ学年であっても全く違います。

今の学習範囲を復習している生徒さんもいれば、

前の学年、あるいは小学校の範囲まで遡って、

一生懸命に“弱点”と向き合っている生徒さんもいます。

 

それでないと、学校で落ちこぼれたように見える生徒さんは、

一斉授業のような塾でも落ちこぼれてしまいます。

 

それに「個別指導」と謳っていても

教えているのが、アルバイトの大学生さんでは、

勉強を教えることはできるでしょうが、

そこまでキメ細かく指導できるでしょうか?

 

それぞれの生徒さんの課題に合致した勉強をして、

個々のペースで、しっかりと積み上げていく。

 

 

 

「ローマは一日にして成らず」という有名な言葉があります。

 

「学力の向上」「テストの点数アップ」「志望校合格」は、

一朝一夕にできることではありません。

 

今の生徒さんには、人生において、

悔いのないスタートダッシュを切ってもらいたい。

そのために、塾長がしてあげられることを、

全力でサポートしていきます。

 

以前、スタートは早いほどいいということを書きました。

早く始めれば、打つ手(対策)がいくらでもありますので、

生徒さんにも楽しく、負担も最小限で、学力向上が図れます。

 

しかし、遅く始めてしまうと、打つ手が本当に限られてしまい、

生徒さんには多少負担を強いることも出てくるでしょう。

 

 

 

「ゴホンといえば龍角散」

というCMが昔ありましたが(今もあるのかな?)

激しく咳き込まれてからだと、やれることは限られます。

「ゴホン」とちょっと咳が出た段階で、

塾長にご相談いただけると、対処法はいくらでもあります。

 

もちろん、たとえ話ですから、

本当に咳込んだら、お医者さんに行ってくださいね(笑)

 

勉強のことで「ゴホン!といえば長岡松陰塾金房校」。

 

そんな風に言ってもらえるように、

まずは今いる生徒さんを、全力でバックアップしていきます。

無料体験学習も受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

今日も張り切っていきます。