こんにちは! 塾長の土田です。

土曜日は、ロボット教室でした。

ベーシックコースは

一本勝負!「ケンドーロボ」

動画でも撮ってみました。

こういう“バトル系”ロボットは、

盛り上がります(笑)

プライマリーコースは、

じょうききかんしゃロボット「SLロボロコ」

他の習いごとがあったため、

少し遅れての参加でしたが、

集中して取り組んでいました。

後日、塾長が作ったものですが、

撮影してみました。

 

次回のロボット教室は、

10月28日(土)10時~です。

無料の体験授業も受け付けていますので、

お気軽にお問合わせくださいね。

 

同じ教室で、

今回のプライマリー、ベーシックコースの続きもやります。

体験授業をしながら、一緒にご覧いただけますよ。

 

さて、順番は逆になりましたが、

金曜日は、通常通り授業しています。

中学2年生の「1次関数」は、

グラフ、変域、傾き、変化の割合、切片など、

教科書に出ている基本的な事項を、

演習問題を通じて、シッカリと取り組むことが大事です。

 

これが疎かになると、

1次関数の応用問題が途端に立ち行かなくなります。

急に付いていけなくなるポイントのひとつがココです。

 

一方、高校生は、「数列」をやりました。

等差数列、等比数列、数列の和、Σ(シグマ)など、

難しい用語や記号が出てきますが、

丁寧に解いていくと、意外に呆気なかったりします。

まだ、計算問題に近いので。

 

「数列」は、さらにこの先には、

「漸化式」(ぜんかしき)と「数学的帰納法」があり、

だんだんと数学的、というか抽象的な表現になっていくので、

この辺も、理解する上で大きなヤマ、となります。

 

ただ、“型”はある程度決まっているので、

時間を取って、シッカリと追いかけていくことが大事です。

そうすれば、大学入試レベルでも、

得点源になり得る単元のひとつ、だと思います。

 

今日も張り切っていきます。