こんにちは! 塾長の土田です。

中学生はテストが終わりましたが、

高校生はこれから最後の追い込み、なので、

ミッチリやっています。

 

上の写真は、生徒さんが持っていかなかった“残骸”です。

ほとんど持っていかれるので、

特にテスト前は、残っている方が少ないのです。

 

今までも数多く、

こうしたメモを写真で上げているので、

こんなメモでわかるの??

と思うかもしれません。

 

ラフですよね…

自分でもそう思います(笑)

 

でも、

あえて、ラフにしているんです。

 

何故なら…

 

私が丁寧にメモを書いても、

そのメモを取っておくだけ、とか、

メモをノートにピタッと貼る、とか、

「ノートにまとめる」ことを手抜きする

生徒さんが出てきたのです。

 

「自分で書いて」「ノートにまとめる」

それを実践してほしいのに、

自分で書かなくてもノートがまとまってればいい、

と思っている節があるのです。

 

それは本望ではありません。

 

私が教えたことを、

「自分で書いて」「ノートにまとめて」

理解した上で、

「自分でできる」ようになって欲しいのです。

 

それを何回か見つけてから、

メモ書きをラフにしました。

 

今はできなくても、

積極的に学び取ろうとする生徒さんは、

私のメモがどれだけラフでも、

家でもう一度「ノートにまとめる」ために、

持ち帰ります。

 

その習慣がない生徒さんがいれば、

実はもう少し丁寧に書きます。

 

そういう生徒さんは、

「ノートにまとめる」習慣がないので、

丁寧にせざるを得ないのです。

 

逆に、私がラフに書いている場合は、

その生徒さんが「ノートにまとめる」習慣がある、

家でもノートをまとめられる

とわかっている生徒さんだけ、なのです。

 

個別だから、そういう対応ができる、

完全個別

とも言えます。

 

今日も張り切っていきます。