おはようございます! 塾長の土田です。

今朝はいい天気になりましたね!

20151111_010648003_iOS

そうそう、昨日書いたクリスマス飾りの一環です。

 

 

「なめこ」をみてみたら、いよいよ出だしてきました。

20151111_010026510_iOS

このなめこの経緯はこちらからご覧いただけます。

 

昨日の前半戦は…

20151110_073944688_iOS

 

 

いつもどおり…

 

20151110_074336999_iOS

 

小学生の独壇場です(笑)

 

20151110_075652187_iOS

 

「空に浮かぶお城」だそうで。

 

20151110_085858204_iOS

 

まわりの中学生は「ラピュタ?」と聞いていましたが、

描いてる小学生くんはラピュタ???、みたいな(笑)

 

誤解のないように書きますが、

小学生の生徒さんは、漢熟検対策や

国語教科書の音読、学校のプリント、九九の練習など、

それぞれが勉強してから、こういう“活動”をしています。

特に小学生は時間を決めて、

メリハリをつけるほうが効果が高いケースが多いです。

 

 

後半戦は、いつも通り、中学生と

真剣にテスト勉強していました。

 

たいていの中学校は

副教材として「ワーク」を使っています。

その他にも「白プリ」「宿題」「課題」などが、

出ている場合が多く見られます。

教科書の他に、こういった「ワーク」の副教材が

定期テスト(中間テスト)の範囲に含まれる、

というケースが多いです。

 

中学1年生からキッチリと成績を積み上げてきた生徒さんは、

キッチリと「ワーク」や「白プリ」をこなしますし、

それが成績に直結しています。

いわゆる「成績のいい子」に見られる傾向です。

 

こういった「ワーク」などの学校の副教材は、

基礎から応用まで幅広い問題レベルなので、

繰り返しキッチリとやれば、

「定期テストで5教科合計450点」というのも

現実的な目標になり得ます。

 

ただ…

「繰り返しキッチリやれば」

の話。

 

 

その前までの“積み残し”がある生徒さんは、

逆に“消化不良”を起こしてしまい、

こういった「ワーク」「白プリ」が

“重荷”、“足かせ”になっているケースが多々あります。

 

提出するのがやっと、

提出しなければならない、という“義務”だけで提出し、

本当の学力が身についていない、と感じることもあります。

「解答を見てもわからない」と訴えてくれる生徒さんもいます。

 

昨日のブログでも少し書きましたが、

ワークなどの副教材は、解説が書いてあっても、

紙面の都合上、省略されている場合があり、

その“穴”を自分で埋めなければ理解できないような、

そんな記載がされていることが往々にしてあります。

白プリに至っては、答えだけ、ということも多いです。

 

しかも、「その前までの学習範囲は理解している」

という前提で、解説されている場合が多いです。

 

英語、国語、社会の暗記が主となる科目は、

それでも対応できますが、

特に、数学(算数)や、理科の計算が絡む問題は、

その問題ではなく、

「その前までの学習範囲」で躓くケースが多いです。

例えば、小学生の「小数」「分数」「比」などで、

中学生がつまずく、のはよくあります。

 

そういう“消化不良”を起こしている生徒さんには、

定期テストの範囲とともに、

「その前までの学習範囲」もおさらいしながら教えています。

 

もし定期テスト範囲の「ワーク」「白プリ」でお困りなら、

今週末、定期テスト勉強会にて「無料」でズバッと解説します。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

数学の発展問題とか、解説しがいがあるので、好きなんですよね(笑)

 

もし「前の学習範囲」で“積み残し”があると感じているなら、

テストが終わった後の無料体験学習から積み上げて、

まとまった時間の取れる冬休み特別講座2015-16で、

20151109_070101467_iOS

しっかりと積み上げていけますよ。

 

「わかるところから始め」て、

「わかるまで進ませません」し、

「わかるまで繰り返し」ますから。

20150908_224335151_iOS

 

車道、歩道からもご覧いただける、この言葉を

長岡松陰塾金房校では、地道に実行しています。

 

「前の学習範囲に“積み残し”がある」と感じているなら、

このタイミングが大きなチャンスです。

 

次の定期テストはだいたい2月。

3ヶ月近く、時間がありますから、

定期テスト後からでもジックリと積み上げていけます。

 

今日も張り切っていきます。