こんにちは! 塾長の土田です。

 

今日はもともとそんなに予報がよくなかったのですが、

朝からいい天気になりましたね。

ロボット教室の体験授業、今週末もありますよ。

 

それにしても、

侍ジャパン、残念でしたね…。

私は、試合経過しか見ていません。

多少守備のミスも絡んだようですが、

1点を争う好ゲームだったようです。

選手、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

 

 

 

さて、3月から入塾してくれた中学生さんふたり、

週2回、1回2時間勉強していきます。

昨日も来てくれました。

 

最初は、学校から出た宿題、課題をやっていきますが、

後半は、教室のデジタル教材を必ずやっていきます。

(写真はイメージです)

私から言ってはいないのですが、

本人さん達が、

学校の「宿題」だけでは、成績アップには不十分、

と感じているから、なのです。

 

もちろん、学校の「宿題」が

「学力」アップに繋がる場合もあります。

 

ただし、それは、学校の「宿題」が、

お子さんの「学力アップ」に効果的な

「質」「量」でなければならない、のです。

 

お子さんの様子を観察してみてください。

 

独力で解ける、あるいは、

多少教科書などを参考にしても、自分でできる、

というくらいなら、問題ないでしょう。

 

姿を見ていない場合は、

やっている宿題を見て、

適度に間違えて、赤ペンで修正している場合は、

宿題の「質」「量」が合っている可能性は高いです。

 

要注意なのは、

解答を丸写ししているケースです。

 

中には、解答を丸写しして、

さらに、赤ペンで丸を付けて、

さも全問正解です、という場合は、要注意です。

 

家での勉強時間はキチンと取って、

宿題はキチンとやって、丸がついてる、

けど、学校の成績は平均点以下…

…なんて場合は、

学校の宿題が、お子さんにとっては、

「足かせ」になっているのです。

 

お子さんが、学校の宿題を“消化”しきれず、

解答丸写し「作業」をやっている可能性が高いです。

 

 

そうなると、その宿題での、成績アップは望めません。

 

中学校によっては、宿題が多いところがいくつかありますが、

「宿題を出しているのに、成績が伴わない」

と相談されるお子さんは、

たいていこんな場合が多いです。

 

そのような状況で、

成績アップを望みたいのであれば、

宿題とは別に、

お子さんの理解レベルに合った「課題」を与え、

自分で解けるようになるまでやる必要があるのです。

 

最初に例に出した、今月入塾の中学生さんふたりは、

そのことがわかっていたので、

自分でやっているのです。

 

先に「宿題」が難しすぎる例を出しましたが、

逆に、お子さんには簡単すぎて、実にならない、

ということもあります。

極端な例でいうと、

中学生に、かけ算の九九を覚えてこい、

と言っているようなもので、

時間をかけても、学力アップには繋がらないのです。

 

以前、教材や通信教育でも成績が上がらない

というケースを書きましたが、

小中学校の義務教育、

高校受験対策前であれば、

教材の良し悪し、というより、

お子さんの「学力」と、

教材の「内容」「レベル」が

合致していない、ために、

勉強量の割に、成績が伸びない、ということが起こるのです。

 

その「見極め」のために、

「塾長」が目を光らせてる、

のです。

スミマセン、一昨年、

生徒さんに付けられ、撮られた写真です(笑)

 

ちょうど学年の変わり目ですので、

最近、入塾のお申込や、無料体験学習のご予約も増えてきました。

 

1年間を振り返ってみて、そういう懸念を、

お子さんなり、親御さんなりが、お持ちなのでしょう。

 

そういうときこそが、伸びるチャンスです。

 

長岡松陰塾金房校では、

そんなお子さん、親御さんのために、

3月末まで、さまざまな特典をご用意しています。

1日60分×最大8日間「無料」! 「春期講習2017」を実施いたします。

【3月末まで】「入塾」特典として「図書カード」プレゼント!

【3月末まで】「新高1スタート講座」最大90分×5日間「無料」で受講可能です。

まずは、無料体験学習からお気軽にお試しください。

弱点診断もできますし、その場でカルテもプレゼントします。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

ホームページにある「体験予約」ボタンからも可能です。

 

そういえば、無料体験学習時の面談スペースにある

ジバニャンのパズル。

昨日から、一足先に「春休み」中で、お出かけです(笑)

 

今日も張り切っていきます。