こんにちは! 塾長の土田です。

生徒さんの親御さんから、

ご実家で穫れたお米をいただきました。

ごちそうさまでした。

 

それから、最近、

塾の壁に貼ってあるミニオンズが…

また増えまして(笑)

 

…というのも、

いつも教室で出しているチョコが、

ミニオンズのパッケージになっておりまして、

個包装にも柄が付いていまして、

それらをコレクションしているわけです。

 

どれくらいになるかわかりませんが、

しばらく様子を見守りたいと思います。

 

指導の方はいつもどおり、やっています。

旭岡中や宮内中など、比較的近い中学校は

期末テストが終わりました。

昨日は、高校生の数学の

“小 中間”テスト対策もありまして、

ベクトルや内積もガッツリやりました。

 

高校数学のコツは、

「定義や定理などは、図や導き出し方を覚える」

ことです。

 

教科書にはたくさんの定理や公式がたくさん出てきますが、

丸暗記ではとても対応できません。

 

図を描いてみたり、グラフにしてみて、

その上で、証明をひっくるめて、

導き出し方ごと覚えるほうが、

記憶に残りやすくなります。

 

そして、そのようにして、

自分の手で書いて、苦労して覚えたことは、

塾長の年齢になっても、覚えているものなのです。

 

まぁ、昨年指導した生徒さんには、

数学は趣味だった、と言ってしまったばっかりに、

焦ったこともありましたけどね(笑)

 

仮に忘れていても、少し調べた上で

図を書き直したり、式を辿ってみると、

証明の流れなどを思い出し、

高校生の生徒さんに解答を示すことはできます。

 

高校で数学を諦めるケースもよく見てきましたが、

個人的にはとてももったいないなぁ、と思います。

 

ある程度時間を投下する必要はありますが、

粘り強く取り組めば、実を結ぶ教科ですし、

差をつけやすい教科でもあるのです。

特に、文系数学などは狙い目です。

 

数学で諦めかけている高校生さん、

いつでもお待ちしてますよ(笑)

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

今日も張り切っていきます。