おはようございます! 塾長の土田です。

 

昨日も塾の資料をご請求いただいていました。

Evernote Camera Roll 20160518 232645 (3)

もうすぐホームページでもご案内しますが、

6月の定期テストに向けて

土日の「定期テスト勉強会」を開催しますよ。

今回は6月11日(土)12日(日)の2日間です。

 

 

 

そして、昨日は小学生くんが来るなり、お絵かきしてくれました。

Evernote Camera Roll 20160518 232644

大人気ゲーム「スプラトゥーン」のイカです(笑)

 

ご褒美に、漢字練習10回をしてもらいました ^^

Evernote Camera Roll 20160518 232645

えっ? ご褒美ではない?(笑)

 

いえいえ、小学生くんが、学校の宿題プリントをやっている時に、

私が、書き順が違っている漢字がいくつかあったのを見つけたのです。

 

それを知らずに、学校の授業で、

黒板の前で、書き順の違う漢字を書いてしまったら、

それこそ取り返しの付かない“ココロの傷”を負いますから。

 

それを考えると、“ご褒美”だと思いますよ。

 

 

 

「国語」はふだん日本語をしゃべれるがゆえに、

あまり時間を費やさしたくない、と考えるお子さんがいます。

実は、10代の頃のワタシもそうでした(^^;;

 

しかし、「国語」は「算数」「数学」に並んで、

小学校低学年の頃から、時間をかけて学ぶべきなのです。

 

小学校での「国語」の語彙力、読解力の差は、

中学校、高校での全科目の成績に波及します。

 

いろんな中学生の答案を見ていると

「国語力の差」が、国語だけでなく、

数学、英語、社会や理科にもハッキリと出ます。

実物をお見せできないのが残念なのですが。

 

 

昔から「読み書きソロバン」という言葉もあるとおり、

いわゆる「国語」と「算数」というのは、

日本人にとっては、根幹をなす科目なのです。

 

ですから、長岡松陰塾金房校では、小学生の頃から、

「国語」にシッカリと取り組むようにしています。

Evernote Camera Roll 20160425 154557

速読(脳力開発)講座に「小学生脳力開発コース」を入れたのも、

国語力の土台となる「読む」ことに慣れてもらいたいから、です。

Evernote Camera Roll 20160517 135433 (9)

漢熟検(漢字習熟度検定)に取り組んでいるのも、

国語力の根幹である「語彙力」の向上のため、です。

 

「塾での勉強」というより

「習い事」感覚で取り組めるようにしていますので、

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

そして、その直後に、定期テストの答案が返ってきた

高校3年生の「数Ⅲ(数学Ⅲ)」の問題を解説しました。

Evernote Camera Roll 20160518 232645 (1)

問題にも堂々と書いてありましたが、

ある国立大学の入試問題でした。

 

とても定期テストの問題とは思えなかったですね(笑)

「αを1の5乗根とする(α≠1)」でお手上げ、

の高校生も多いんじゃないかな…。

Evernote Camera Roll 20160518 232645 (2)

この「複素数平面」の醍醐味は、

実態の把握できない「複素数(虚数)」を、

(ガウス平面、極形式などの)一定のルール付けのもとに、

複素数平面という「2次元平面」に落とし込めるところです。

 

そこまで理解すると、

「数学の世界はおもしろい」

ですよ(笑)

 

長岡松陰塾金房校では、

小学校低学年の「漢字」から

高校3年生の「数Ⅲ」まで、

幅広く指導しています。

 

お困りの科目があれば、

塾長・土田まで、お気軽にご相談くださいね。

電話:0258-89-8029

 

今日も張り切っていきます。