おはようございます! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20161007 112510

今日はいい天気になりましたね~♪

 

さて、昨日は、小学6年生さんが

無料体験学習に来てくださいました。

Evernote Camera Roll 20161007 112507 (1)

中学校に向けて、今のうちから準備をしたい、

ということでした。

親子ともども危機感を持っておられました。

こちらもシッカリと指導していきます。

 

これまで入塾した生徒さんを含め、

無料体験学習に来てくれた中学生さんの親御さんから、

 

「小学校の頃はテストの点数は悪くなかったけど、

中学になってから、急に悪くなった。」

 

という旨のお話を、よく伺います。

 

 

 

小学校の頃のテストの点数が、ほとんど100点だったとしても、

小学校の履修範囲で “弱点がない” とは断言できません。

 

小学校で行なうテストは、とても狭い範囲の内容を、

覚えているかどうかの、いわば確認テストのようなものが多いのです。

100点満点を取りやすいのです。

 

しかし、授業で習った直後は覚えていても、

人間は誰しも、やらないと忘れてしまうもの。

お子さんも例外ではありません。

 

今までの履修範囲をシッカリと習得できているかどうか?

 

は、学校のふだんのテストだけでは推し量れないのです。

 

一部の小学校では、

前の学年までの範囲の業者テストも行なっているようです。

ふだんのテストでは満点ばかりでも、

そういった範囲の広いテストでは、

なかなか点数が取りにくいことが多いのです。

 

結果的には、そちらのほうが、今のお子さんの“習熟度”を、

反映していることが多いです。

 

でも、悲観する必要はありません。

 

“勝負”は、そこから、です。

 

学校のふだんのテストでも、

もう少し範囲の広いテストでも、

間違ったところをていねいに復習して、

お子さん自身でできるようになればOK、なのです。

 

 

 

ふだんのテストで、90点だからOK!

復習なんてしません。

…というのは、実はマズいのです。

 

90点だったとしても、

間違った、減点された問題をしっかりと復習しなければ、

それが “弱点”となっていきます。

ふだんのテストが満点ばかり、だったとしても、

忘れてしまうことで、“弱点”になってしまうことがあるのですから。

 

ふだんのテストから取りこぼしが多いようなら、

もっと前の範囲に、“弱点”がある可能性もあります。

 

長岡松陰塾金房校の無料体験学習では、

パソコン教材の体験とともに、

弱点診断(算数、国語)も実施しています。

Evernote Camera Roll 20161007 112933

例えば、小学6年生なら、5年生までが範囲です。

もちろん、その場で採点して、すぐに “カルテ” を出します。

Evernote Camera Roll 20161007 112509 (1)

“弱点”が見つかれば、そこから学習指導を始めます。

あくまで、点数のいい悪いではなく、

これからしっかりと“土台を築いていく”ためのテストなのです。

 

 

 

中学校では、

「小学校の履修範囲はわかっている」前提で授業が進みます。

 

小学校の範囲で “弱点” があるなら、

中学校の勉強をしつつ、小学校の復習をしなければいけなくなります。

 

ですから、小学生のうちに“弱点”をなくしていかなければいけないのです。

 

長岡松陰塾金房校では、

小学生からの入塾、大歓迎です。

楽しく学びながら、

少しづつ “弱点” を埋めていきましょう。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

Evernote Camera Roll 20161007 112507

昨日の松岡修造さんも、

そんなことをおっしゃってました(笑)

“弱点”は、いいかえれば「伸びしろ」ですから。

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 12,051歩

Evernote Camera Roll 20161007 112508 (2)

水曜日(2日前)の歩数 14,492歩

Evernote Camera Roll 20161007 112508 (1)

昨日(1日前)の歩数 18,105歩

Evernote Camera Roll 20161007 112508