こんにちは! 塾長の土田です。

土曜日はイマイチな天気でしたが、

昨日はいい天気でしたね~♪

 

週末でみると、

「雨 のち 晴れ」の天気でしたが、

長岡松陰塾金房校でも、

そんな感じの週末でした。

今回は第2土曜日だったので、

ロボット教室の週でした。

小4の生徒さんが、

「先生にみせたい」と言って作ってくれたのが

なんと、観覧車です。

こんな動きをします。

その他にも、

スライドドアの仕組みを再現してくれたりして。

 

土曜日のベーシックコースは、

馬型ロボット「パカラー」

途中、塾長にカツラを付けさせたい

小学生の生徒さんたちのご要望?に応えつつ、

「パカラー」が完成しました。

塾長制作の「パカラー」の動きは、

こんな感じです。

次回のロボット教室は、

5月27日(土)9:30~ の予定です。

 

無料体験授業も受け付けております。

通常の授業と一緒に行ないますので、

生徒さん達がどんな演習をしているのかご覧もいただけます。

ご希望の方は、こちらからご予約くださいね。

 

さて、土曜日の午後からは、

高校生コースの生徒さんの、中間テスト対策です。

この問題、生徒さんは別の方法でやって、

途中で挫折していたので、

上の方法で教えていたのですが、

夜になって、その生徒さんが挫折していた方法を

続けていても、正解を導き出せたので、

携帯電話のメッセージで、写真付きで送りました。

高校数学あたりになると、

定期テストレベルの問題でも、

2つ、3つのやり方があることが少ないくないので、

さまざまな視点で問題を解くことができ、

正解率を高められる利点はあります。

 

このあたりが、数学を楽しい、と思えるか、

苦手にしてしまうか、の境界線のように思います。

 

 

今日月曜日が、数学ⅡBのテストなので、

昨日の日曜日夜も、そんなやりとりを、

少しやり取りしていました。

tan ( θ / 2 )なのに、

y = tan θ より、

グラフの幅が広がる(周期が大きくなる)

という疑問は、

数学ⅡBの三角関数や、

物理の波動をやると、よく聞きます。

 

中学までは、グラフを書くことを、

何となくでもこなせたものなのですが、

高校の数学だと、そんなに甘くはありません。

 

慣れないうちは、グラフを書く前に、

θとyの関係を表にまとめてみて、

それから、グラフを書いたほうが得策です。

 

面倒くさいと感じても、

数多く書いていけば、だんだんと慣れてきます。

 

このブログでも、指導した記録を載せていますが、

グラフを書いていることが多いと思います。

 

グラフを書くことで、ポイントがわかったり、

時には、解答がすぐわかったりします(笑)

 

授業で習った時に、

その辺の手間を惜しまずできるかどうか?

が、後々に大きな差となります。

 

数学を受験科目に考えている高校生さんは、

今からでも心がけたほうがいいですよ。

 

長岡松陰塾金房校では、

小学生、中学生にもそういった形で指導しています。

 

土曜日から日曜日にかけては、

小学生の「ロボット教室」 のち、

高校生の「中間テスト対策」となりました。

 

一見、全く関係なさそうですが、

「論理的に、筋道立てて考えていくこと」

「自分で手を動かしてみること」

は「共通」しています。

 

小学生の頃から、

「考えながら、手を動かす」訓練をしていると、

中学生、高校生になってから、全く別のことをしますが、

その「姿勢」「心持ち」が、大きな差となって現れます。

 

特に、昔の男の子は、

こういった「考えながら、手を動かす」ことを、

さまざまな遊びや、時には“イタズラ”などから、

自然に身に付けていったものですが、

今は、その場がなくなっているせいか、身につかず、

大きくなってからも、

男の子は、女の子に成績の面でも押され気味です。

 

実際に指導してみると、

押され気味な男の子達に足りないのは、

「考えながら、手を動かす」という「経験」です。

 

長岡松陰塾金房校では、

ロボット教室を通じて、

「考えながら、手を動かす」ことを

できるお子さんに育っていってもらいたいなぁ、

と思っています。

男の子でも、女の子でも、大歓迎です。

 

必ず勉強にも役立ってきますよ。

 

今日も張り切っていきます。