おはようございます! 塾長の土田です。

 

昨日は小学生くんの宿題、音読から、

中学生のテスト対策、

テストのヒヤリング、復習などでバタバタと時が過ぎ、

20151118_135247970_iOS

生徒さんに説明したメモ用紙が残っていました。

 

実はこの他に、数学のテストほぼ1回分の解答を、

説明付きで、A4用紙で6枚くらい、

その場で書いて、生徒さんに渡しました。

今日、復習をやる予定なのですが、

事前に見ておいて欲しくて。

 

以前にも書きましたが、テスト前も大事ですが、

テスト後はもっと大事です。

 

思い通りの点数が取れなかった生徒さんも、

悔しい思いをしっかりと持ちつつ、

シッカリ「復習」することで、

高校入試までに挽回は十分可能です。

 

 

ただ、「復習」にも、やり方があります。

 

成績が伸びないお子さんは

塾長が図や式を使って、説明します。

でも、テスト用紙やワークに

“答えしか”書かないんです。

 

答えが重要なのではなく、

「過程」「やり方」「考え方」が重要なのに、

そこを書かない、のです。

 

特に、この秋の時期は、

中1は「比例、反比例」、中2は「1次関数」、

中3は「2次関数」なので、

必ず「グラフ」を書く必要があります。

 

応用問題になると、「家と駅の位置関係」だとか、

「図形」などとの複合問題になるので、

フリーハンドで構わないので、

「図」に書いてみることで、理解が進みます。

 

成績を伸ばす生徒さんは、

私が解説した、間違った問題の解答を、

「自分の手で書き」ます。

もちろん「図」や「グラフ」も書きます。

しかも、ワークやテスト用紙ではなく、

「自分のノートに書く」のです。

20151007_103414737_iOS

そして、その「やり方」をしっかりと覚えます。

何度も、白い紙や「暗記用ノート」に書いて、

自分のものにします。

 

そうやって「繰り返し学習」した生徒さんのもとに

“テストの神様”は微笑みます。

 

4月~9月くらいまでの数学は、どの学年も

計算に関する単元が多いので、差が見えにくいのですが、

この「秋」の時期は、「グラフ」や「図」があるので、

先週も書いたように、

ノートを見るだけで、勉強をしてるかどうか

がおおよそわかります。

 

ただ、中学生くらいになってくると、

「ノートに書く」ということに対しても

“抵抗”を持つ生徒さんがいるので、

その“抵抗”を“解く”のに時間がかかります。

 

そういう意味でも、昨日書いたように、

小学生の早い時期から指導できたら、

生徒さんも無理なく受け入れられるだろうにな、

と思います。

 

定期テストの結果を受けて、

しっかりと高校受験に向けて、歩みを進めたい、という

中2、中1生の無料体験学習をお待ちしております。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

これから次の定期テストまで時間もありますし、

年末年始もありますので、

冬休み特別講座でしっかり弱点補強することも

高校受験を見据えたうえでは、とても有効です。

 

もちろん、元気な小学生さんもお待ちしてますよ(笑)

 

昨日ご質問があったので、ここでもお答えします。

無料体験学習は、随時開催しております。

弱点診断も入れて、おおむね1~2時間程度、

弱点診断のカルテもその場でお出しします。

ただ、授業や先約などの場合はすぐにできない場合もありますので、

事前にお電話でご予約いただけると、助かります。

 

 

さて、昨日はホント、バタバタだったので…

すっかり見ていなかった「なめこ」が、

とうとうこんなに大きくなってしまいました(笑)

20151119_002627600_iOS

もう収穫してもいい頃ですよね?!

今日、あの小学生が来るので、やろうかな?(笑)

 

今日も張り切っていきます。