こんにちは! 塾長の土田です。

久しぶりに青空を見ましたね~♪

今日は、息子の入学前説明会があったので、

午後、旭岡中学校に行ってきました。

 

さて、テスト対策も大詰めに差し掛かってきましたが、

ワークを一回通してやって、

やり切った、と満足げな生徒さんがいました。

 

その生徒さん、たまたま理科をやっていたので、

あえてこういう問題を出しました。

 

「凝結って、どういう現象?」

「露点って、なに?」

意外と答えられないんです。

理解していないと。

 

例えば、

「水蒸気が冷やされて、水滴に変わる現象は何?」

「水蒸気の凝結が始まるときの温度を、空気の何という?」

という質問なら、答えられる生徒さんは多いのですが、

逆に、言葉の説明を求めるような質問を出すと、

答えられないことが多いです。

 

もちろん、直接、このような問題が出ることは稀なので、

中にはこういうことを軽視するお子さんもいます。

 

しかし、このような重要語は、受験レベルになってくると、

説明なく問題文で使われることも多く、

結果的に

「問題文の意味さえわからない」

ということに繋がります。

 

問題文の意味を理解するための、

各科目に必要な“言葉”を知らない、ということなのです。

 

教科書で簡単にできるので、

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

さて、明日はロボット教室です。

明日も無料体験授業のご予約が満席なので、

賑やかになることでしょう。

その後の無料体験授業のご予約はこちらから。

 

そして、明日と月曜日は、

定期テスト対策勉強会で、教室を開けます。

 

今日も、明日も、月曜日も、張り切っていきます。

 

P.S.

月曜日(4日前)の歩数 12,638歩

火曜日(3日前)の歩数 13,277歩

水曜日(2日前)の歩数 20,499歩

昨日(1日前)の歩数 14,155歩